第1巻

?

シェアする

リンクをコピー

前回の続きから読みますか?

作品情報

卑弥呼(第1巻)

南恵夢 / 倉科遼

三世紀・前半 大陸から稲作の技術が伝播したことで水田が飽和状態となり、土地を確保するために多くの集落部族が争っていた。出雲の稲佐の地では部落の長が戦いの中で命を落とし、娘の火の神子 イナが父の代わりに長になることになる。しかし女の長は前例がなく納得していない者も少なくなかった…。そんな折、イナが海岸で1人の行き倒れた男を発見する…。作者は「戦国無頼」「死ねばもろともに」を発表している南恵夢。原作は青年誌を中心に数々のヒット作を生み出した倉科遼。

このエピソードへのコメント

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

第1巻

いいね

シェア

コメント

同じジャンルの作品

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!