第1巻

?

シェアする

リンクをコピー

前回の続きから読みますか?

作品情報

秘命監察官ドンー鷹の目を持つ男ー(第1巻)

郷力也 / 末田雄一郎

新世界警察署の捜査3課班長・昼安堵(警部補)はいつものらりくらりと仕事をしており、副署長の吉田義郎にはいつも「昼行灯」と説教されていた。しかし、彼には裏の顔があった。管轄に制限されずに容疑者を調査できる「移動警察職員」の資格を持ちの、悪徳警察官を摘発するための警察官「秘命監察官」としての顔だ…!作者は16歳で『風船よさようなら』を少女漫画でデビューを果たし、あの「ミナミの帝王」で知られる郷力也。

このエピソードへのコメント

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

第1巻

いいね

シェア

コメント

同じジャンルの作品

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!