第2巻

?

シェアする

リンクをコピー

前回の続きから読みますか?

作品情報

野望の群れ(第2巻)

司敬

久我遼介(くが りょうすけ)は親友でありライバルの堂島隆一郎(どうじま りゅういちろう)と共に大学ラグビー四連覇の偉業を達成した。しかし、その喜びもつかの間、自身がラグビーに夢中になっている間に実家の町工場が3億円もの借金を背負っていることを知る。久我は恥を承知で堂島コンツェルンの御曹司でもある堂島に頼ることに。そしてその出来事をキッカケに少しずつ全ての歯車が狂い始める…。作者の司敬は倉科遼の名で原作者として活躍する。1971年にデビューしてからは数々の青年誌を中心に数々のヒットを手がける。

このエピソードへのコメント

第2巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

第2巻

いいね

シェア

コメント

同じジャンルの作品

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!