優先席に座っていたら、団体のおばあさんが乗ってきた時の話がまさかの結末

優先席に座っていたら、団体のおばあさんが乗ってきた時の話がまさかの結末

優先席に誰も座っていない場合、あなたはそこに座りますか?
ここでは、優先席に座ったある男性のエピソードを紹介します。

優先席に座っていたら、団体のおばあさんが乗ってきた

ある男性がバスに乗り込むと、そこそこ混んでいた車内ではあったが、優先席がひとつだけ空いていた。
疲れていたこともあり、誰も座らないとならと、そこに座ることに決めた。
imasia_17937246_M (1)
PIXTA

数分バスに揺られていると、ある停留所で十数人のおばあさんが乗ってきた。
そこは病院の近くで、通院している高齢者がよく使うバス停だった。

そして、おばあさんたちのほとんどが彼の前に立った。
imasia_3107727_M (1)
PIXTA

彼は席を譲ろうかと、思ったが、一つの疑問が生まれた。

「一体どのおばあさんに譲ればいいのか?」

迷った末、彼は、

「誰かひとりに譲るのは気まずいし、自分も疲れているのだから…。」

と席を譲るのを、辞め、そっと目を閉じ、タヌキ寝入りを決め込んだ。

そして、彼は、目的の駅まで座り続け、降りて行った。


みなさんは彼の行動をどう思いますか。

ちなみに、混雑していた車内の他の乗客たちの中には、
席を譲らなかった男性を白い目で見る人は誰一人いませんでした

なぜなら、その男性、実は年齢が80代
後から乗ってきたおばあさん達と同じくらい、十分おじいさんなのです。

彼は最初から、老人だからではなく、女性だから席を譲ろうかと、悩んでいただけだったのでした。