笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

【母から感謝の手紙】娘の願いを叶えてくれた心優しい少年に世界中が笑顔に

女の子と見知らぬ少年との、ちょっとステキな出会いをご紹介します。

ジニーン・トーマスさんには6歳の娘がいます。
ある日ジニーンさんは、ペイトンちゃんが「スケボーしたいな」と思いつつも、男の子の遊びだからと諦めていることを知ります。

そんな娘に「男だから、女だからやっちゃいけないなんてことは無い」と、古いスケートボードを出して、公園に連れ出すことにしました。

しかし、スケートボード場では、タバコを吸って騒ぐ男の子たちがたむろしていました。

すぐに帰りたいと訴える娘を前に、ジニーンさんはGOサインを出します。
「ここはみんなのところよ。堂々としてていいの」

ペイトンちゃんがスケボーに乗る様子を、遠くから笑う少年たち。するとその中のひとりがペイトンちゃんの方へ向かってきました。

「足が違うよ、良かったら教えてあげようか?」

ジニーンさんの心配をよそに少年は、それから1時間ほど付きっきりでスケボーの乗り方を教えてくれました。
彼の友だちが冷やかしていたにも関わらず、です!

そんな心優しい少年のおかげで、ペイトンちゃんはとてもステキなスケボーデビューができたようです。

後日ジニーンさんは、感謝の気持ちを込めてTwitterに手紙を乗せました。

 

娘にスケボーを教えてくれた少年へ

あなたは多分15歳そこらじゃないかしら。だから、6歳の娘を相手にしてくれるなんて思っていなかった。

娘は前からスケボーがしてみたいと言っていたんだけど、「男の子の遊びだから」ってできなかったの。
「そうじゃないんだよ」って娘に伝えるのは時間がかかったわ。

公園に連れ出したはいいものの、いざ、タバコを吸って騒ぎながらスケボーする少年たちを見たら、娘は帰りたいって言いだした。
本当はね、私もその場を去りたかったのよ。母親が出ていってあなたたちに説教するのはイヤだったし。

それでも帰らなかったのは、もう1つ伝えたいことがあったから。
誰が相手でも怖がる必要はないし、スケートボード場を使う権利はみんなにあるってことを知ってほしかった。

「お兄ちゃんたちばっかりだよ」と不安げな娘に、「だから?ここは彼らだけのものじゃないでしょ」って言ったわ。

あなたたちがスケボーでばんばん跳ぶ脇を、娘は一人で降りて行った。

2回か3回スケボーに乗った時かしら、あなたが娘に声をかけるのを見たのは。
私は「娘が遊んでなにが悪いの!」って説教する準備はできていたのよ。
でも、聞こえてきたのは「足が違うよ、教えてあげようか」って声だった。

その後1時間くらい、娘に付き合ってくれたわよね。娘の手をつないでくれて、危ないから跳び台からは離れてって言っているのも聞こえた。

私たちの地域コミュニティにあなたみたいな人がいてくれて、本当に嬉しく思うわ。友だちがからかう中、娘に優しく接してくれて本当にありがとう。

帰る頃の娘は、やりたいことは何でもできるんだって自信とプライドで溢れていたわ。
あなたのおかげよ。

このお話はTwitterで拡散され、なんとその少年にもきちんと届いたのです!

さらに「Global News」はこの少年を見つけ、インタビューをしています。彼の名はライアン・カーニーさん。

特別なことは何もしてないよ。どうやってバランスとればいいか教えただけかな。言った通りすぐできたし、後はいいね!って声かけただけだよ

と語るライアンさん。
ジニーンさんの手紙にとても驚いたそうですが、スケボーの楽しさを伝えられて嬉しかったと話しています。

ちょっとしたことですが、なかなかライアンさんみたいな事はできないですよね!
みんなが優しい気持ちになれるお話をご紹介しました。

参照:Mom’s thank-you letter to teen skateboarder goes viral-GlobalNews

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET