笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
あの名シーンが蘇る!歴代ジブリ映画のキャッチコピーにグッとくる(18作品)

あの名シーンが蘇る!歴代ジブリ映画のキャッチコピーにグッとくる(18作品)

「少女の愛が奇跡を呼んだ」 (1984年3月11日)

1
amazon.co.jp

 

「ある日、少女が空から降ってきた・・・」 (1986年8月2日)

2
amazon.co.jp

 

「このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。」 (1988年4月16日)

3
amazon.co.jp

 

「4歳と14歳で生きようと思った。」 (1988年4月16日)

4
amazon.co.jp

 

「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」 (1989年7月29日)

5
amazon.co.jp

 

「私はワタシと旅にでる。」 (1991年7月20日)

6
amazon.co.jp

 

「カッコイイとは、こういうことさ。」 (1992年7月18日)

7
amazon.co.jp

 

「タヌキだってがんばってるんだよォ。」 (1994年7月16日)

8
amazon.co.jp

 

「好きなひとが、できました。」 (1995年7月15日)

9
amazon.co.jp

 

「生きろ。」 (1997年7月12日)

10
amazon.co.jp

 

「家内安全は、世界の願い。」 (1999年7月17日)

11
amazon.co.jp

 

「トンネルのむこうは、不思議の町でした。」 (2001年07月20日)

12
amazon.co.jp

 

「ふたりが暮らした。」 (2004年11月20日公開)

13
amazon.co.jp

 

「父さえいなければ、生きられると思った。」  (2006年07月29日)

14
amazon.co.jp

 

「生まれてきてよかった。」 (2008年7月19日)

15
amazon.co.jp

 

「人間に見られてはいけない。」 (2010年7月17日)

16
amazon.co.jp

 

「上を向いて歩こう。」 (2011年7月16日)

17
amazon.co.jp

 

「生きねば。」 (2013年7月20日)

18
amazon.co.jp

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET