【優秀な人はこう考える】偉業を成し遂げた天才たちの7つの共通点

【優秀な人はこう考える】偉業を成し遂げた天才たちの7つの共通点

天才たちには共通点があった

みなさんは、天才と呼ばれる人々の頭の中がどうなっているか気になったことはありませんか?

彼らは卓越した頭脳と想像力から、歴史的にも大きな変化を起こす重要な人物であることが多いです。
1
PIXTA
そこで臨床心理学者のAlfred Barriousは、現在の天才たちはもちろん、歴史上の天才的な人物の特徴や性格を洗い出しました。

すると、ある共通点が見つかったのです。

もしこれらを完全にマスターすることができれば、あなたもあの天才たちと同じように、革新的な偉業を達成できるかもしれません。

今回はその中の7つをご紹介します。

あなたも真似できる!天才たちの共通点

▼1.他人に流されない考え方を持つ
2
PIXTA
彼らが世の中を見るとき、その視点は他の大多数とは違っています。

天才たちは世の中の当たり前のことを、当たり前だと考えず、様々なことに疑問を持ち、物事をすべての角度から検証しようとします。

革新的なことを成し遂げるには、まず「当たり前の事実」というものを疑うことからはじめましょう。

▼2.リスクを恐れない
3
PIXTA
安全で快適に過ごせる範囲内だけで生活していては成功はありえません。

なぜなら大きな成功はいつも失敗を恐れないところから生まれるからです。

リスクを侵す価値がある物事を見極める目を養い、それとどう向き合うかが大切です。

▼3.基準を高く設定する
4
PIXTA
成功する人は、ただベストを「尽そうと努力する」だけでなく、慎重に目標を定め、ベストを「尽くし続ける」ことを決意します。

そして、平均的な結果では絶対に満足しません。

過去の偉業の数々は、この考え方のもとで達成されたものばかりです。

周りの人を真似るだけでは革新的なことは成し遂げられないのです。

▼4.妥協しない
5
PIXTA
天才たちはそれぞれ自分自身の「完璧の定義」を持っており、それに達しないものは何であれ認めません。

スティーブ・ジョブズが最初にiPodの開発に取りかかったとき、彼の「完璧の定義」は「3クリックでどんな音楽も再生できるようにすること」でした。

彼が開発チームに言った「私の言ったことが実現できるまで、試作品を見せる必要はない」という言葉が、ジョブズの決意の固さを物語っています。

▼5.周りの人々をもやる気にさせる態度
6
PIXTA
天才たちの周りには目標を達成するために、彼らを支えるチームがいることがあります。

そのチームもまた、目標を達成するために明確に見据える先を定めています。

なぜなら、天才たちの行動力と結果をいつもそばで見て、チームもまたモチベーションを上げているからです。

あなたが求めているものを確固たる決意で追いかければ、自然と周りはついてくるでしょう。

▼6.集中力を鍛える
7
PIXTA
天才たちは誰にも邪魔されない時間に、ひとつの問題にとことん集中します。

なぜなら目標を明確に設定してから仕事に取り組む人たちは、思考や注意をひとつの物事に集中的に向け、感情なども絡めれば、それだけ独創的なアイディアが浮かぶはずだと知っているからです。

こうした集中力を鍛えるために、彼らは一人の時間を増やしています。

研究でも、気が散ることに耐えられず1人で過ごすことが多い人物は、独創的な仕事をする傾向があるとされています。

▼7.我慢強い
8
PIXTA
天才たちは「不可能」や「できっこない」といった言葉が大嫌いです。

事実、彼らはそれを行動で示してきました。

しかしはじめから上手く行っていたわけではありません。
むしろ多くの偉大な業績は失敗から始まっています。

大切なのは失敗を我慢強く見つめ直し、前進するための道しるべだと考えることです。

出典:How Geniuses Live Their Lives Every Day