千円札に込めた奇跡!明石家さんまが30年間大切にした「ラブレター」に感涙

千円札に込めた奇跡!明石家さんまが30年間大切にした「ラブレター」に感涙

22日放送の日本テレビ系『史上最大のさんま早押しトーク』で披露された、明石家さんまさんの千円札にまつわるエピソードが大きな反響を呼んでいます。

Series_C_1K_Yen_Bank_of_Japan_note_-_front
ja.wikipedia.org

女子中学生が送ったさんまさんに送った奇跡の千円札

30年前のある日、さんまさんが財布を開くと、こんなメッセージが書かれた千円札を発見しました。

さんまさん!いつかあなたの手にとどくことをねがってます。大好きです。

TSJ93_kokuhakujk20150208100556-thumb-1000xauto-18256
pakutaso.com

この千円札にメッセージを書いたのは、当時15歳の女子中学生。31年前、その女性はさんまさんの笑顔に恋をして大ファンになりました。「巡り巡ってさんまさんの元へ届くかもしれない」と考えたその女性は、さんまさんへの思いを千円札に込めました。

すると、その千円札は東京から大阪へ渡り、奇跡的にさんまさんの手に辿り着いたのです。

30年間千円札のラブレターを持ち続けるさんま

自身へのメッセージが書かれた千円札をに受け取ったさんまさん。
それから30年間、さんまさんはこの千円札を、財布の中に入れ続けていました。
さんまさんはあるインタビューでこのように答えています。

この千円札を書いた子が応援してくれている。
そう思える限り芸人をやり続けようと思うんですよ。

2059355_201509180784075001442502018c
asahi.com

中学生だったその女性は、その後看護師になり家族を持ちました。仕事に家事に忙しい日々を、さんまさんの笑いで救われていました。一方のさんまさんも、この千円札に支えられていたのです。同番組では、この女性とさんまさんが初対面が実現。女性はハグをして欲しいとリクエストし、さんまさんは「お言葉に甘えまして」と照れながら言い、女性を抱きしめた。

感動のエピソードにネット上では感動の声

さんまさんの心温まるエピソードに、涙を流す人が続出。
奇跡って本当に存在するんですね!