目が不自由な人のSOS!駅に現れた青年のさりげない行動に感心する

目が不自由な人のSOS!駅に現れた青年のさりげない行動に感心する

落語家であり作家でもある立川談四楼さんが、ある出来事に感動したとツイートし、話題になっています。

人を手助けすることは、なかなか簡単に出来ることではありませんね。
このツイートを読んだ人たちからは、様々な反響が集まっています。

white

 

白杖を掲げる=SOS

白杖を高く上げるのは、目の不自由な人が道に迷ったり災害時に困った時に、頭上50cm以上に白杖を掲げて出すSOSのサインです。これは「白杖シグナル運動」と名付けられ、社会福祉法人福岡県盲人協会が提唱しています。
しかし忘れてはならないのが、この運動が全国的に普及していないということ。

目の不自由な人の中でも、この運動を知らない人がたくさんいます。たとえ白杖を頭上に掲げていなくても、困っている人はいるということです。
様子がおかしいと気づいたら、すぐに手を差し伸ばせる優しさを持ちたいですね!

 

クレイジーピンク

Editor

ぴんく

ついに仮面を脱ぐ時が・・・!
想像と違っててごめんなさい!