【5分だけのつもりが朝まで眠る】受験生にありがちな19のこと

【5分だけのつもりが朝まで眠る】受験生にありがちな19のこと

1. 「明日からやるぞ」→(次の日)「明日からやるぞ」
2. 「5分だけ寝るか」→起きたら朝
3. 部屋の掃除がやけにはかどる
4. 息抜きに昔の漫画や雑誌を読み返したらとまらなくなる
5. 「すべる」とか「落ちる」という言葉に過剰に反応
6. 「はっ…この問題どこかで見たことがある」という場面に何度も出くわす
7. 勉強中に独り言が増える
8. 計画を立てて満足する
9. 受験の計画よりも、受験が終わった後の計画を立てがち
10. 夏の前に「夏を制する者は受験を制する!」と口すっぱく言われる
11. 「今日は徹夜するぞ」と意気込んでも、夜がふけると睡魔に負ける
12. 夜食がなぜかとてつもなく美味しく感じる
13. 「こんなこと覚えて将来役に立つの?」とふと考えてしまう
14. なぜか根拠のない自信がわいてくる
15. もはや「どうでもいいや」という精神状態になる
16. 友達と「勉強した?」「してない」という心理戦が繰り広げられる
17. 推薦で合格した人たちと微妙な距離感になる
18. よりよい参考書を求めて買い続け、手元に参考書がどんどん増えていく
19. 試験日がいよいよ近づいてくると、「あと○日!」と学校や塾でカウントダウンされる