小澤征爾、グラミー賞受賞!80歳にして初の快挙「この喜びを分かち合いたい」

小澤征爾、グラミー賞受賞!80歳にして初の快挙「この喜びを分かち合いたい」

小澤征爾、長野県でのコンサートを収録のCD「ラヴェル:歌劇《こどもと魔法》」でグラミー賞受賞

世界最高峰のアメリカの音楽祭「グラミー賞」で16日、小澤征爾さんが指揮をしたアルバム「ラヴェル:歌劇《こどもと魔法》」が、最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞しました。小澤さんがグラミー賞を受賞したのは今回が初めてです。

g01
universal-music.co.jp

今回受賞したアルバムは、2013年に長野県松本市で開かれた音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本(現セイジ・オザワ 松本フェスティバル)」でのコンサートを収録した作品。小澤さんは病気療養のため、2012年3月から公演活動を休止していましたが、この音楽祭で1年半振りの本格的案活動再開を果たし、約50分のオペラを指揮しました。
その時の様子がこちらです!

https://www.youtube.com/watch?v=RO-XE0gGQdk

小澤さんは、ボストン交響楽団で30年近くにわたって常任指揮者と音楽監督を務めるなど、指揮者として世界的に活躍してきました。これまで8度のグラミー賞ノミネートを重ねてきた小澤さん。80歳にして、ついにグラミー賞受賞を果たしました。

8月23日、小澤征爾総監督がサイトウ・キネン・フェスティバル松本で2年ぶりにオーケストラ・ピットの中に立ちました!On August 23rd, Seiji Ozawa conducted his first opera in 2...

Posted by Seiji Ozawa Matsumoto Festival on 2013年10月7日

小澤さんは今回の受賞を受けてこのようにコメントしています。

この「子どもと魔法」は僕の大事な仲間であるサイトウ・キネン・オーケストラとすばらしい歌い手たちと創った作品で彼らのお陰で、充実した練習と公演ができてとても楽しかった。それが松本のフェスティバルの力なのだと思う。たいへんうれしく、みんなとこの作品を創れたことを誇りに思います。仲間たちとこの喜びを分かち合いたいです。

小澤さん、おめでとうございます。日本の誇りです!