コレを逃したら3年後!3月9日は4年ぶりに日本で部分日食が見られる

コレを逃したら3年後!3月9日は4年ぶりに日本で部分日食が見られる

太陽が月と重なって欠けて見える神秘的な現象「日食」が、約4年ぶりに日本全国で見られます!

15609084861_7c763e9895_k
Flickr/Joshua Tree National Park/Partial Solar Eclipse of October 23, 2014

14991415774_3d7312f06e_k
Flickr/andersbknudsen/Partial solar eclipse

7239035468_0970e7e9a8_k
Flickr/Steve/partial eclipse 2012-29.jpg

最初から最後まで見届けられる!

日時は2016年3月9日(水)のお昼前。今回日本から見られるのは、太陽が部分的に欠ける「部分日食」です。欠ける部分はそんなに大きくありませんが、日本全国で日食の一部始終を見届けることが出来ます!早めの休憩で、お仕事中のみなさんも見られるかも。

各地域の日食時間の目安

札幌:10:38〜11:57
東京:10:12〜12:05
大阪:10:04〜11:52
福岡:09:46〜10:37
那覇:09:28〜11:33

目を痛めないように要注意!

肉眼で太陽を見るのはもちろん、サングラスや下敷き、CDから覗くという方法は目を痛める可能性があります。ではどんな方法で見ればいいのか、いくつかご紹介します。

1. 日食専用のメガネを使う
7245489766_a861d448a7_k
Flickr/Grand Canyon National Park/Grand Canyon National Park: Annular Eclipse Viewing 1214

2. 望遠鏡を反射させて見る(望遠鏡で直接太陽を見るのは大変危険です)
7245484648_4107374cb5_k
Flickr/Grand Canyon National Park/Grand Canyon National Park: Annular Eclipse Viewing 1224

3. 木漏れ日を見る(太陽が欠けているのが写ります)
7243814142_aa975512ea_k
Flickr/Bill Ward/Eclipse 2012-05-20

4. 小さな穴を空けた厚紙の影を見る(それぞれの光が欠けているのがわかります)
21744187_a164c33549_o
Flickr/Paul Downey/Colander

次に見られるのは、3年後の2019年1月6日。今回の機会は逃せません。
安全な方法で目を守りつつ、滅多にない日食を楽しみましょう!

クレイジーピンク

Editor

ぴんく

ついに仮面を脱ぐ時が・・・!
想像と違っててごめんなさい!