【火事場泥棒に要注意】自分の街が被災してしまったら気をつけたい5つのこと

【火事場泥棒に要注意】自分の街が被災してしまったら気をつけたい5つのこと

被災地で生活しなくてはならなくなった時に気をつけたい、犯罪に巻き込まれないための5つの注意事項を紹介します!

1. 業者を装った悪質な詐欺もある


いろんな方法で人を騙そうとしてくるので、少しでも怪しかったら疑った方が良いかもしれません。

2. ニセ自衛官に要注意

必ずしもこれに当てはまる人が偽物とは限りませんが、怪しいと思ったら用心しましょう。

 

3. 子ども・女性は複数で行動


特に暗闇が多くなる被災地では、気をつけなければなりません。

 

4. この隙を狙った空き巣に注意


誰もいないのをいいことに、空き巣は家を狙っています。貴重品は肌身離さず持ち運びましょう。

 

5. 車の鍵はロック!


走行していても油断は禁物です。スピードが遅くなった時に乗り込まれる場合もあるようです。

混乱に紛れて悪巧みをする人がいるなんて、悲しいことです。
余計な被害に巻き込まれないよう、しっかり用心したいですね。

クレイジーピンク

Editor

ぴんく

ついに仮面を脱ぐ時が・・・!
想像と違っててごめんなさい!