これぞ日本!パスポートが葛飾北斎の浮世絵柄になって華麗に生まれ変わる

これぞ日本!パスポートが葛飾北斎の浮世絵柄になって華麗に生まれ変わる

2020年の東京オリンピックに合わせて日本のパスポートが、ある名作を使用したものにリニューアルすることが判明しました!

Maaa♡さん(@maaaa0121)が投稿した写真 -

その名作というのは、葛飾北斎が富士山を題材に描いた全46枚の浮世絵「富嶽三十六景」!日本のみならず海外でも人気の高い「赤富士」などの名作が、新しいパスポートの柄に採用されることになったんです!

これは期待が高まります!

全ページ異なる絵を楽しめる

では一体どうやってパスポートに北斎の絵が組み込まれるのでしょうか?
実は表紙はそのままで、パスポート内の見開きページが、全て北斎の絵で彩られるそうなんです。日本らしくてとても良さそう(゚▽゚*)

CT0wxU9UEAASuHo_Rmofa.go.jp CT0wxVJUAAAqodB_Rmofa.go.jp

しかも素敵なことに、パスポート偽造防止のためページは全て異なった絵が描かれます。税関でスタンプを押す海外のスタッフたちも、日本のパスポートを開くのが楽しみになるかも!

ページ内に採用されるは以下の24作品。好きな作品は入っていますか?

※タップ/クリックで拡大
0001
mofa.go.jp

※タップ/クリックで拡大
0002
mofa.go.jp

パスポートをじっくり見ることなんてあまりないですが、新しいパスポートならずっとページをめくっていたくなるかも(*^v^*)

新しいパスポートについて、こんな意見が寄せられています。

多くの人に好評のようです!
しかしこの新しいパスポートが発行されるのは2019年。すぐに変えたくても、パスポートの期限がまだ切れないという人たちが多いようです。パスポートは有効期限が1年を切った場合のみ、切り替え発行が可能なので、まだ残り年数がある人は待たなければなりません(^▽^;)
う〜ん待ち遠しいです!!

クレイジーピンク

Editor

ぴんく

ついに仮面を脱ぐ時が・・・!
想像と違っててごめんなさい!