笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
【日本語の難しさに四苦八苦】帰国子女が仕事中に書いたメモの内容が腹筋崩壊モノだった

【日本語の難しさに四苦八苦】帰国子女が仕事中に書いたメモの内容が腹筋崩壊モノだった

日本語って生まれたときから使っている人でも、難しいなと感じることがありますよね。それは海外の人や、幼少期を海外で過ごした帰国子女の人ならなおさらです。そんな日本語の難しさを感じる、ある可愛いメモをご紹介します!

こちらは数年前に田中 伶さんが発見した、帰国子女の友人が残したメモ。会社の社内電話における反省点を一生懸命メモしてあるのですが、よく読むと・・・。
CixjmVCVAAAFccX
twitter.com@TanakaRei_vd

拙者、お主、そなた?!(≧ε≦o)

メモされているのは、今の時代じゃもう使わない日本語の数々。たしかに時代劇やアニメでは、これらの言葉を使っていますもんね!そこから勉強したのかもしれません。
そして「五月雨」については、知らなかったら普通に「ごがつあめ」って読んでしまいますよね。日本にずっと住んでいても、読み方を知る機会がなければ読めません!

この可愛いメモを見た人たちからは、こんなコメントが寄せられています。

みなさんこの一生懸命なメモに好感を持っているようです!

ちなみにこのメモを残したご本人は、このメモがクレイジーで紹介されることにオッケーを出してくれたそう。

そしてこのメモが残されていたのは4年前の2012年。そんな愉快で勉強熱心な人なら、今は日本語ペラペラで働いているかもしれません♪

コメントする

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET