【ざんねんないきもの】サイの角は、ただのいぼ

【ざんねんないきもの】サイの角は、ただのいぼ

プロフィール
・種類:ほ乳類
・名前:クロサイ
・生息地:アフリカのサバンナ
・大きさ:体長3.4m
・特徴:体全体をよろいのようなぶ厚い皮ふでおおっている

残念な生き物 サイ

サイの角は昔から工芸品や漢方薬の材料として、お金持ちにたいへん人気でした。とても高く売れることから、多くのハンターが角を目当てにサイを狩りつくし、今では世界に5種類いるサイのすべてが絶滅の危機にあります。
そんなサイの角ですが、正体は皮ふの一部がかたくなったもの。つまり、ただのいぼです。シカやウシの角のようにカルシウムでできたものではなく、髪の毛や爪と同じ「ケラチン」という成分でできています。
ありがたがって漢方薬にしても、そのへんのおじさんの爪をせんじて飲むのと大差ありません

「おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典/定価 本体900円(税別)/高橋書店」

ざんねんな生き物辞典 バナー(アマゾン様リンク用)