「おじいさんは渋谷にDJを回しに...」もし桃太郎がパーリーピーポーだったら

「おじいさんは渋谷にDJを回しに...」もし桃太郎がパーリーピーポーだったら

昔むかしあるところに、おじいさんとおばあさんが暮らしていました。
おじいさんは渋谷にDJを回しに、おばあさんはフェスにいきました。

おばあさんがフェスでアガっていると、特設会場の近くの川から「ズンズンズン♪」と、EDMの重低音に乗って大きな縦揺れの桃が流れてきました。

1

おばあさんはノリでその桃をひろい、2daysのフェスが終わると、家に持って帰りました。
その桃は、なにやら妙な輝きを放っていました。

おばあさんが家に帰り、おじいさんと桃を食べようと切ってみると、

「うぇ~い♪」

2

中から赤ちゃんが人差し指を突き上げ、飛び跳ねてきました。
ちなみに、妙な輝きはサングラスのレンズでした。

おじいさんが言いました。

「桃から生まれたから桃太郎でいんじゃね?w」
「桃太郎wwwウケるwww」

2人は桃太郎を流れで育てることにしました。

それから桃太郎はすくすくと育ち、
インスタ、facebookの投稿も順調に増えていきました。

「やっぱこのメンバー最高だわ。俺の自慢。 #いつめん」

特に内容はありませんでしたが、楽しそうな雰囲気は伝わってきました。

facebookの友達も1000人を超えたある日、
桃太郎は、日本最大級のフェス「ONITAIJI JAPAN2016」に参加するため、鬼ヶ島へ出かけました。

鬼ヶ島へ向う途中、誰かに声をかけられました。

「桃太郎じゃん!何してんの?」

見たことのあるイヌでした。パーティーで何度か面識はあったのですが、名前が出てきません。とりあえず、ノリで対応することにしました。

「おおー!久しぶりじゃん!調子どう?鬼退治行くんだけどさ、もちろんくるっしょ?」

「なにそれウケる!ちょ、きびだんご持ってんじゃん!ちょうだいよ」

「全然いいよ。じゃあ乾杯しますか」

「うぇーい♪」

そういって、2人はきびだんごをおつまみに、テキーラをショットで乾杯しました。
乾杯したらもう、みんな仲間です。

そのあと、場面でサルとキジも合流し、鬼ヶ島に着きました。

そこで鬼を見つけた桃太郎が、

「おい、鬼たち…」

と話しかけようとすると、

「言いたい~ことは飲んでから♪」

とすかさずコールをかけられ、桃太郎たちは話す隙を与えてくれませんでした。
そうして桃太郎たちと鬼たちによる飲み比べが始まりました。

3

誰もお酒の味なんてわかっていません。アルコール度数が高ければなんか楽しいのです。

もう何杯飲んだかもわからなくなり、いつのまにかお互いは認め合っていました。

「Facebookやってる?つながろうよ。友達申請していい?」

こうして真の友達になったみんなは、集合写真の投稿をタグ付けし合いました。

#いつめん

めでたし めでたし

aoyamamasaki

トータルマストハブクリエイター

あおやま!

和歌山県白浜町出身。
学生時代の失恋をきっかけにインドを旅し、食中毒になって帰ってきた。
仕事の依頼はこちら aoyama@curazy.com