3

亡くなった少年からジャンプ漫画家に送られた手紙。作者「お礼が言いたい。一緒に探してください」

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

2016年、数々の人気マンガが大円団の最終回を迎えて盛り上がった週刊少年ジャンプ。その中でも、「NARUTO」や「ONE PIECE」と並び、15年間ジャンプを盛り上げたバトルマンガ「BLEACH」の最終回に感動した方は多いのではないでしょうか。

その最終回から3ヶ月が経った11月17日、作者の久保帯人先生のツイートがTwitterで話題を呼んでいます。それは久保先生からのある「お願い」を伝えた内容で、連載終了にあたってのお礼から始まります。

まさか、BLEACHの制作の裏にこんなお話があったとは驚きです。きっと少年にとっても、久保先生にとってもお互いが力の源になったことは間違いありません。

そして、さらに久保先生は実際の封筒も公開。

この先生からのお願いにTwitterでは1時間で5万を超えるリツイートとたくさんのコメントが寄せられています。

手紙の通りなら、久保先生はもう少年に会うことができません。それでも、先生は「BLEACH」が最高の終わりを迎えられたことのお礼をどうしても伝えたいのではないでしょうか。きっと先生にとって、この少年にお礼を言えたときが「BLEACH」の真の完結になるのだと思います。

些細なことでもご存知の方がいたら、ぜひ先生の力になってほしいと思います。力を合わせ、久保先生を少年まで導きましょう。