hanging-temple-22

地上75メートル、断崖絶壁の上に建てられた中国のお寺「懸空寺」

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

中国の山西省は大同市にある約1500年前に建設されたお寺が「地上75メートル、断崖絶壁に建てられた奇跡の建造物」だとして欧米で取り上げられ、話題になっています。

その話題のお寺「懸空寺」がこちら。

hanging-temple-22
参照:lifebuzz.com/

岩の中に柱が埋め込まれているのがわかりますよね?

一見、こんな細い柱だけで大丈夫なの?と思ってしまいますが、実は建物に隠れて見えないものの横にも大きな桁を岩に通すことで建物を支えているので「見かけよりもしっかりしている」そうです。

hanging-temple-16
参照:lifebuzz.com/

地上からの距離はなんと約75メートル!20階建てのビルとほぼ同じ高さです。あの清水の舞台でも高さ13メートルなので、比べてみるとその凄まじい高さがわかります。その高さゆえ欧米では崖に吊るされた寺と呼ばれることもあるほどです。

article-0-1EF4E9A300000578-611_964x635
参照:lifebuzz.com/

気になるのは1500年も前にどうしてこれだけ高い場所に寺を造ったのかということですが、古い言い伝えでは、洪水や大雨、雪崩などの被害を避ける為だったそうです。実際、今でも大きな損壊もなく、ほぼ建設当時のままの形をとどめています。(騒音を避ける為という理由もあるようです)。

article-0-1EF4EA9A00000578-163_964x636
参照:lifebuzz.com/

またこの寺は仏教、道教、儒教といった中国の伝統的な宗教の寺院が仲良く合わさって出来た現存する唯一の施設としても注目されています。

article-0-1EF4EB8B00000578-394_964x635
参照:lifebuzz.com/
観光地として、一般の訪問も可能ですので、興味のある方は一度訪問してみたらいかがでしょうか?高所恐怖症の人にはオススメできませんけれども。

執筆:一色崇典
参照:lifebuzz.com/