CuRAZY [クレイジー]
より良い暇つぶしを届けるメディア
江戸時代風「叱らない子育て」に勝手に学んで、実践してみた。 ★このばし日記★第11話

江戸時代風「叱らない子育て」に勝手に学んで、実践してみた。 ★このばし日記★第11話

提供:Conobie


このばし日記1

このばし日記2

このばし日記3

天使か・・・。

このばし日記4

一体どうやって育てたら あんな良い子に・・・・

うちのムスコには絶対無理な話。

このばし日記5

このばし日記6

(車=おもちゃ)

このばし日記7

なんだ、この激しすぎる変貌っぷりは。

このばし日記8

っていうか待てよ、オイ。 DVDめっちゃ傷付いてるじゃん。 (こちらの怒りに着火)

このばし日記9

「お気に入りのおもちゃ(車)がないからイライラしたの。
物に当たってごめんなさい。」

と言えれば、現代は
100点満点。

なにせ、「謝れた事を褒めてあげる」

「褒める育児」が絶賛蔓延中だから。

このばし日記10

そんな風に育てられて
自立できる良い子なんて
見たことがないけどね・・・。
代わって
聞き分けの良い子どもたちが量産された

時代劇に垣間見える子育ては

子どもを立派な大人に育てないとならない親側の理由が
明確で、切実だった。

このばし日記11

万が一、お粗末なお子様が
育ってしまえば、お家の恥・・・

それどころか、お家存続も怪しいことになるという

使命を背負っているから

みんな命がけで子どもを育てて

このばし日記12

子どもも自覚を持ち、
応えるという・・・。

なるほど・・・。もっと親も子育てに「立派な大人を育てる」使命感を感じろと。

そうすれば、

こんな時、どんな対応をすればいいのか
おのずと答えは出てくるはずだと。

江戸時代が何でもかんでも
よかったわけじゃないだろうけれど、

いつもと違うアプローチを試そうと、
こんなふうに演じてみました。

このばし日記13

このばし日記14

き、効いている・・・。(ちょっとやり過ぎたか?)

でも、今こそ響けっ、母の声。
「褒める」ことがまずい。ということではないし、
何にしても、こうだ!と決め付けたり、
やり過ぎはNGですが。。

それからというもの、
息子がどんなに言っても聞かない時は・・・

このばし日記15

息子に合った塾がなけりゃ、つくればいい! ★このばし日記★第10話
https://curazy.com/archives/162644

コメントする

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET