笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
【ざんねんないきもの】ティラノサウルスは肉の食べすぎで病気になった

【ざんねんないきもの】ティラノサウルスは肉の食べすぎで病気になった

プロフィール
は虫類
・名前:ティラノサウルス(絶滅種)
・生息地:北アメリカ
・大きさ:全長13m
・特徴:鳥のような羽毛が生えていたという説もある

ティラノサウルス画像

最強の肉食恐竜として有名なティラノサウルス。

しかし、その化石からは「痛風」で骨が変形したようなあとが見つかっています。

痛風とは、足の関節などがはれる病気。レバーなどの内臓肉を食べすぎると、「尿酸」という物質が体にたまり、歩けないほど痛くなります。ライオンなどの肉食獣は尿酸を分解できるので痛風にはなりませんが、恐竜はそれができなかったのです。

ビールの飲みすぎでもなるため、現代では痛風に苦しむおじさんもたくさんいます。

史上最強とおそれられるティラノサウルスも、じつはお酒好きのおじさんと同じ病気で悩んでいたのですね。

続ざんねん連載用バナー

arrow_back 前の話次の話 arrow_forward

コメントする

※記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET