笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
【感謝の気持ちを伝えたくて】字が上手すぎると話題の高校球児に裏話を聞いてみた

【感謝の気持ちを伝えたくて】字が上手すぎると話題の高校球児に裏話を聞いてみた

ついに終わっちゃいましたね、夏の甲子園。テレビで熱闘甲子園なんかを見ていると、「もうみんな優勝でいいんじゃないかな…」という気持ちにもなってくるのですが、しかしスポーツの世界は厳しいもので、決まってしまうんですよね、勝敗が…。

勝ったほう、負けたほう――。

メディアでは、前者をより大きく取り上げがちですが、ネット上では、負けたチームにも大きな注目が集まっているんです!

字が上手すぎるエース・青柳真珠(ましゅう)選手

Image uploaded from iOS (5)

彼、青柳真珠(ましゅう)投手の所属する松商学園高等学校は、長野県代表として甲子園に出場。一回戦、茨城の土浦日大を12‐3の大差で下したものの、二回戦では奮闘むなしく、岩手の盛岡大附に敗れてしまいます。

さて、青柳選手が注目を集め始めたのは、試合に敗れた翌日。Twitter上に投稿された彼の直筆メッセージが、ある理由から話題になったのです。それがこちら。

DHbwotLVoAAndxR (1)

 

え、字うっま!

そう、そうなのです。彼、めちゃくちゃ字がうまいのです。これを受けてTwitter上では、こんな反応が起こっています。


などなど、称賛の声が続出。彼の直筆メッセージを紹介した呟きは、現在120,000件以上のいいねを記録し、ネット上で大きな話題になっています!そこでクレイジー編集部は、青柳選手ご本人にメールでの取材をお願いしました!

 

実際に聞いてみました!

青柳選手は盛岡大附戦の翌日にメッセージを投稿していらっしゃいますね。タイミングとして、精神的にかなり厳しかったのではと思うのですが、どうしてあのとき、あれを公開しようと思ったのですか?
名称未設定-5はい、たしかに試合に敗れた日の夜はあまり眠れなくて、色々なことを考えました。そのなかで、この二年半の高校野球生活を支えていただいた方々、そして松商学園を応援してくださった方々へ感謝の気持ちを伝えたい!と強く感じました。どうしたら、この気持ちを一人でも多くの方に伝えることができるだろう?そう考えて、メッセージを公開したんです。
なるほど!「試合に負けて悔しい」という想いより、周囲への感謝の気持ちのほうが強かったということですね。
名称未設定-5そうですね。とにかくこの気持ちを伝えたい!という一心でした。
次にメッセージの内容について質問させてください。手紙には「応援に後押しされて自分の可能性を広げることができました」とありますが、これについてはなにか具体的な思い出が?
名称未設定-5はい。以前の自分には、思ったような投球がなかなかできず、塞ぎこんでしまう時期がありました。しかしそんなとき、監督をはじめとする各指導者の方々、松商学園OBや諸先輩方の適切な指導と、チームメイトや友人の励まし、そして家族の後押しのお陰で乗り越えることができたんです。
つらい時にはいつも、周囲の支えがあったってことですね……。ありがとうございます。では最後に!今回の一件、Twitterで拡散をしたこともあって、ネットユーザーの方からの反応っていうのも多くあったと思います。彼らには今、なんと言葉をかけたいですか?
名称未設定-5甲子園出場が決まってから今日まで面識のある人ない人を含めて応援メッセージや励ましのメッセージなど、本当に沢山の方からお言葉をいただきました。自分達が知らないところでも、沢山の方が支えていてくれたのだと知り、うれしかったと同時にありがたく思いました。応援ありがとうございました!

「全員野球」で挑んだ甲子園

Image uploaded from iOS (4)

インタビューを通して、青柳選手はとびきりの好青年だとわかりました!

取材では、青柳選手の受け答えの丁寧さに驚かされるとともに、「やっぱり高校野球っていいな」と再認識させられました。

チームメイト、監督はもちろん、先輩、ご家族、ご友人。そして球場で、テレビの前で、声援を送り続けたすべての人々……。本当にたくさんのひとに支えられて、あの一戦は生まれたのですね。世にいう「全員野球」という言葉には、“選手だけでなく、野球部全員一丸となって試合に臨む”という意味があるそうですが、本当の「全員野球」というのは、まさに彼らのような有り様を指す言葉なのかもしれません。

 

コメントする

※記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET