笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
病気と闘う子どもを笑顔に!気負わない姿勢で臨むプロ道化師の信念とは

病気と闘う子どもを笑顔に!気負わない姿勢で臨むプロ道化師の信念とは

真っ赤な鼻に派手な衣装、ひょうきんな動きで人を笑わせるクラウン(道化師)はサーカスや遊園地の人気者!そんなクラウンたちが、病気と闘う子どもたちのもとを訪れる「ホスピタル・クラウン」の活動は、1980年にアメリカで始まりました。さて、海外ではすでに高い知名度を持つこの活動ですが、日本国内でも少しずつ広がりを見せているのをご存じでしょうか?

10924662_876094595766555_6920381737940683276_o
提供:NPO法人日本ホスピタル・クラウン協会

国内での普及活動の中心を担うのはNPO法人日本ホスピタル・クラウン協会。2005年の協会設立以来、約10年以上の長きに渡って、全国各地の病院にクラウンを派遣、病室でのパフォーマンスや触れ合いを通じて、子どもたちに笑顔と勇気を与え続けてきました。

19511217_1638913769484630_3362846184027499251_n
提供:NPO法人日本ホスピタル・クラウン協会

09繧ヲ繧ッ繝ゥ繧、繝・036-min
提供:NPO法人日本ホスピタル・クラウン協会

とは言え、日本での活動は、周囲からの理解も何もない、全くのゼロからのスタート。ここに至るまでの苦労は想像に余りありますが、そもそもどんな思いから、この活動は始まったのでしょう。協会理事長を務め、自らもプロのクラウンとして活動をしている大棟耕介さん(48)は編集部からの質問に、意外なほどあっさりと、こう答えます。

IMG_7954-min

「『苦しんでる子どもを笑顔にしたい』とか『どうしてもホスピタル・クラウンの活動をやりたい』とか、そんな崇高な理念や熱意みたいなものは、初めからありませんでした。――ただ単に、当時の業界のなかで、知識・スキル・経験の面から言って、ホスピタル・クラウンを国内で広げられるのは自分しかいなかった――活動を始めた理由はそれだけです」

冷た過ぎる、そうも受け取られかねない大棟さんの言葉。しかしそこには「ホスピタル・クラウン」の実情を知りつくす大棟さんだからこその、強い信念が込められています。

IMG_7953-min

「想いだけでは、どうにもならない。むしろ(この活動に関して言えば)想いが邪魔になることだってあるんです」大棟さんはあくまで冷静に、飾らない言葉で先を続けます。

「仮に僕たちが『かわいそうな子どもたちのために』そんな想いで活動をしたとします。するとそれを、子どもたちは敏感に感じ取る。僕たちのやるべき仕事は、病気の苦しみを忘れさせることなのに、逆にそれを強く意識させてしまうんです。だからこそ僕たちは、あえて普通に、遊園地や幼稚園でやるのと同じような気持ちで、パフォーマンスがしたい。『ホスピタル・クラウン』の活動の前に、ひとりのプロ『クラウン』として、子どもたちと接したいんです」

06繝ュ繧キ繧「0109-min
提供:NPO法人日本ホスピタル・クラウン協会

「ホスピタル・クラウン」の活動の前に、ひとりのプロ「クラウン」として――そんな信念を胸に、活動を続けてきた大棟さん。ストイックな研鑽の日々に、苦しい、やめたいと思ったことは何度もありました。それではなぜ、彼は今日も「ホスピタル・クラウン」を続けるのか。大棟さんは笑って言います。

 

IMG_7928-min

「今はもう(ホスピタル・クラウンに関して)やりたいとかやめたいとか、行きたい行きたくないと考えるレベルじゃありません。この仕事が天職だとも思っていないし、道を悟ったとかそんなわけでも何でもない。僕はただプロとして、目の前にいる子どもたちを笑わせるだけ、自分はそこで、精一杯クラウンをするだけだと思っています」

コメント2

  1. 名無しさん

    逆接作るためにしても「冷た過ぎる」は違う気がするんだけど。冷たくなくね?

  2. 沼倉 美保

    そもそも、「かわいそう」と言う感覚は上からモノを言っていて、一緒に楽しむベースに立ってない気持ちがします。

    大棟 さんの活動の中の笑い、喜び、感動、を共有して
    「今日も良い1日だったね。」
    となれるのが、幸せな事だと感じます。

    頑張って下さい🍀
    私も、出逢った人と
    「良い1日だったね」と微笑めたら幸いです🐵

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET