笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
1位はあの駅…東京メトロ副都心線沿線の治安が良い駅ランキングTOP5!

1位はあの駅…東京メトロ副都心線沿線の治安が良い駅ランキングTOP5!

埼玉県和光市の和光市駅から渋谷区渋谷駅を結ぶ東京メトロ副都心線。和光市駅から東武東上線、練馬区の小竹向原駅から西武有楽町線、渋谷駅からは東急東横線・みなとみらい線へ直通運転を行なっており、多方面へのアクセスに便利な路線です。

今回は、東京メトロ副都心線の東京都内の駅に絞り、駅周辺の犯罪発生件数(警視庁平成29年度町丁別犯罪認知件数)が低い順に5箇所ご紹介します!

第5位:氷川台駅(練馬区)

氷川台

練馬区に位置する氷川台駅は、こじんまりとした静かな街。東京メトロ有楽町線も通っており、池袋駅まで約5分、新宿駅まで約10分とアクセスも便利です。

駅前にはスーパーやドラッグストア、コンビニもあるので日用品の買い物には不自由しません。近くにある石神井川には桜並木が続いており、春には多くの見物客で賑わいます。氷川神社や高稲荷公園では夏祭りが行われるなど、季節や文化を感じながら生活することができる地域です。

練馬区の治安・教育

練馬区の犯罪発生率は比較的低め。「街かど安全72万区民の目」警戒運動を行っており、地域住民が協力して外出時に防犯意識を持った行動を取るよう心がけています。

区立小学校68箇所、区立中学校34箇所、小中一貫教育校1箇所。練馬区では、学校緑化や校舎等の耐震改修を進めているので、子どもの生活環境にも安心できます!

その他の練馬区の詳細はこちら:【子育てしやすい街検証】練馬区ってどんなところ?住むならこの駅がおすすめ!

第3位:西早稲田駅(新宿区)

西早稲田

徒歩圏内に東京メトロ東西線の早稲田駅、JR山手線の高田馬場駅があり、複数の路線が利用可能。早稲田大学や学習院女子大学が近くにあるため、日中は学生で賑わっているも、夜になると一気に人気が少なくなります。

近くには、中央図書館やスポーツ複合施設、戸山公園などがあり、子どもが遊べるスポットが充実。ドン・キホーテやオリンピックなどの大型スーパーもあり、生活しやすい環境が整っています。

新宿区の治安・教育事情

新宿区は、犯罪発生件数では23区でワースト3に入るエリアですが、新宿駅など特に犯罪が多い地区で重点的に安全推進を行なったり、防犯ボランティアグループの活動により犯罪件数は年々右肩下がりとなっています。

区立小学校29箇所、区立中学校10箇所。区立中学校では学校選択制度を実施していますが、小学校では、未就学児の増加や教育環境整備の必要性により、平成30年度から学校選択制度が廃止となっています。

その他の新宿区の詳細はこちら:【子育てしやすい街検証】新宿区ってどんなところ?住むならこの駅がおすすめ!

第3位:北参道駅(渋谷区)

北参道

駅を出ると明治通りが走っており、交通量は多いものの夜は安心して歩くことができます。住宅街は人通りが少なく、富裕層が多く住んでいるため穏やかな雰囲気が漂っています。

スーパーやドラッグストアなどは駅周辺には少ないですが、徒歩圏内に代々木駅や千駄ヶ谷駅があったり、渋谷・新宿駅までも約5分で行けるので必要なものは揃えることができます。

渋谷区の治安・教育事情

渋谷区では、暴行事件や万引きなどの軽犯罪や若者をターゲットにした事件が多く、子どもがいる家庭には少し不安な面も。しかし、実際には渋谷駅周辺での犯罪件数が区の4分の1近くを占めており、他のエリアはそこまで治安が悪くありません。

区内には区立小学校が18箇所、区立中学校が8箇所あり、有名私立一貫校も点在しています。

その他の渋谷区の詳細はこちら:【子育てしやすい街検証】渋谷区ってどんなところ?住むならこの駅がおすすめ!

第2位:地下鉄赤塚駅(練馬区)

地下鉄赤塚

東京メトロ有楽町線も通っており、乗り換えなしで池袋駅まで15分、新宿駅まで20分で行くことができます。また徒歩圏内に東武東上線の下赤塚駅もあるため、埼玉方面へのアクセスにも便利。

大通りから一本入ると、畑や緑が多く静かな住宅街が広がっています。駅から少し歩いたところにある光が丘公園には、プールや図書館など子どもが遊べる施設も入っており、休日もゆったりと過ごすことができます。

練馬区の治安・教育

練馬区の犯罪発生率は比較的低め。「街かど安全72万区民の目」警戒運動を行っており、地域住民が協力して外出時に防犯意識を持った行動を取るよう心がけています。

区立小学校68箇所、区立中学校34箇所、小中一貫教育校1箇所。練馬区では、学校緑化や校舎等の耐震改修を進めているので、子どもの生活環境にも安心できます!

その他の練馬区の詳細はこちら:【子育てしやすい街検証】練馬区ってどんなところ?住むならこの駅がおすすめ!

第1位:雑司が谷駅(豊島区)

雑司が谷

早稲田大学や日本女子大学などがあり、学生が多いエリア。池袋駅まで1駅で、渋谷・新宿駅までも約15分で行くことができます。

犯罪発生件数は14件で、副都心線内では堂々の1位。住宅街には昔ながらのお店が点在しており、小さな公園や寺院、並木道などがある落ち着いた雰囲気が広がっています。

豊島区の治安・教育事情

豊島区は、繁華街として賑わう池袋駅周辺での犯罪件数が多くなっていますが、巣鴨や駒込などの下町や高級住宅街もあるため、住む場所を選べば治安は問題ありません。

区内には区立小学校22箇所、区立中学校8箇所あり、学校図書館の充実やトライアルスクール、自然体験活動、健康教育といった教育施策への取り組みが進められています。

その他の豊島区の詳細はこちら:【子育てしやすい街検証】豊島区ってどんなところ?住むならこの駅がおすすめ!

最後に

渋谷、新宿、池袋と都内の主要駅を通る副都心線。東横線との直通運転が始まったことで、中目黒や自由が丘、横浜へ繋がり非常に便利な路線となりました。

渋谷区や新宿区方面は家賃が高くなっているので、副都心線沿線で物件を探すなら、比較的リーズナブルな練馬区や豊島区周辺が穴場かもしれません。

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET