笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
【子育てしやすい街検証】世田谷区ってどんなところ?住むならこの駅がおすすめ!

【子育てしやすい街検証】世田谷区ってどんなところ?住むならこの駅がおすすめ!

23区の南西部に位置し、神奈川県と隣接する世田谷区。面積約58㎢と23区内では2番目に広い世田谷区ですが、人口は約90万人でなんと23区内で1位!
世田谷区

二子玉川や成城学園前などの高級住宅街が集まっており、セレブやおしゃれな若者から人気のエリアとなっています。

今回は、引っ越しで新居を構えるにあたり世田谷区を視野に入れている方に向け、その住みやすさを治安、家賃、環境、子育てといった面からご紹介します。

世田谷区の治安は?

スクリーンショット 2018-04-13 13.22.39

世田谷区の犯罪発生件数は6,533件で、前年度からは574件減少。
グラフ①

世田谷区は安全安心のまちづくりのために、パトロールの実施、防犯・災害情報のメール配信、防犯設備の整備支援等の取り組みを行なっています。

世田谷区の家賃相場は?やっぱり高いの?

スクリーンショット 2018-04-13 13.23.41

世田谷区の家賃相場は1LDK〜2DKで13万円前後、2LDK〜3DKで17万円前後。三軒茶屋や下北沢、駒澤大学付近などの人気エリアでは学生も多く住むため、比較的リーズナブルな物件が見つかります!
グラフ②
【HOME'S】家賃相場より(最終アクセス:2018年4月13日)

成城学園前や二子玉川などファミリー層に人気のエリアの家賃は、都心部から離れているにもかかわらず少し高めで、1LDK〜2DKで14万円前後、2LDK〜3DKで20万円前後となっています。

人気の理由は?世田谷区の住環境

スクリーンショット 2018-04-13 13.24.50

交通アクセス

・京王線
・京王井の頭線
・小田急小田原線
・東急目黒線
・東急大井町線
・東急田園都市線
・東急世田谷線

神奈川県川崎市と隣接する世田谷区は、神奈川方面へのアクセスにも便利!小田急小田原線や東急田園都市線は川崎市を通って町田市方面へと続いています。

また、小田急小田原線は東京メトロ千代田線に、東急田園都市線は東京メトロ半蔵門線に直通運転を行なっているため、都心部への通勤・通学にも不便しません!

緑豊かな街を目指す世田谷区

世田谷区では、「世田谷みどり33」と称して、区制100周年となる平成44年までに区の面積の3分の1を緑や自然にすること目指しています。

自然の保全活動や水環境の再生、花壇や駐車場といった街並みの緑化への助成制度を設けるなどの取り組みを行い、平成28年度の調査ではすでに緑の割合は約25%まで到達しています!

また、区内には子どもが思いっきり遊べる大きな公園もあるので子育て世帯も安心!バーベキューやサイクリング、アスレチックのある砧公園や、陸上競技場やテニスコート、体育館といった施設が充実し、イベントも開催される駒沢オリンピック公園など、子どもに色々な体験をさせてあげられそうですね!

家族で楽しめる!世田谷区のレジャースポット

砧公園

スクリーンショット 2018-05-08 18.50.54

【住所】東京都世田谷区砧公園1-1
【アクセス】東急田園都市線「用賀駅」から徒歩20分、東急コーチバス「美術館駅」、東急バス「砧公園緑地入口駅」・「岡本一丁目駅」
【駐車場】177台(1時間まで300円、以後30分ごとに100円)
【入園料】無料
【開園時間】常時開放
【公式サイト】http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index004.html

サイクリングコースやアスレチック広場、野球場などが集まる広大な公園。春にはサクラやウメ、秋はキンモクセイなどで四季折々の自然を感じることができます。

園内には、カルガモやコサギなど10種類以上の野鳥が観察できる「バードサンクチュアリ」や、フランス料理のレストランを併設した世田谷美術館もあり、幅広い過ごし方ができるようになっています。

東京農業大学 「食と農」の博物館

【住所】東京都世田谷区上用賀2-4-28
【アクセス】小田急線「経堂駅」・「千歳船橋駅」から徒歩22分、バス「農大前駅」から徒歩3分
【駐車場】無
【入館料】無料
【開館時間】10時~17時(4月~11月)、10時~16時30分(12月~3月)
【休館日】開館カレンダー参照
【公式サイト】http://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/

「食と農」が様々なものに結びついていることを体感することができる博物館。クリオネの生体展示、や卵子だけで発生したマウスといった、東京農業大学の研究成果、酒器・古農具など食と農に関するコレクションを見ることができます。

併設するバイオリウムには、マダガスカルを中心とした植物のコレクションだけでなく、ケヅメリクガメやキツネザルなど珍しい動物を観察するエリアもあります。

世田谷区立郷土資料館

【住所】世田谷区世田谷1-29-18
【アクセス】東急世田谷線「上町駅」から徒歩5分
【駐車場】無
【入館料】無料
【開館時間】9時~17時
【休館日】月曜日、国民の祝日(月曜日の場合は、翌火曜日も休館)、12月29日~1月3日
※ただし11月3日・23日の祝日と、ボロ市開催日は開館。
【公式サイト】http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1213/1265/d00138265.html

昭和39年に開館した都内最古の公立地域博物館で、世田谷区の歴史・民俗資料が収納されています。同じ敷地内にある都内唯一の大名領の代官屋敷「世田谷代官屋敷」は、都史跡に指定されています。

毎年7月に開催される「せたがやホタル祭りとサギ草市」は、世田谷代官屋敷に設置されたドームにヘイケボタルが放たれ、幻想的な光景を楽しむことができることから、人気のイベントとなっています。

世田谷区立教育センター

【住所】東京都世田谷区弦巻3-16-8
【アクセス】世田谷線「上町駅」から徒歩10分、田園都市線「桜新町駅」から徒歩10分
【駐車場】無
【入館料】無料(プラネタリウム:大人400円、小人100円、幼児無料 ※土日・祝日は小人も無料)
【開館時間】9時~17時
【公式サイト】http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1213/1265/d00004211.html

子どもたちが授業ではあまり取り扱わない体験学習をする場として設置された教育センター。施設内には、天体現象や宇宙映像をドームいっぱいに映し出すプラネタリウムや自然現象に対する科学的な考え方を養う科学実験室があります。

駒沢オリンピック公園

【住所】世田谷区駒沢公園1-1
【アクセス】東急田園都市線「駒沢大学駅」から徒歩15分、東急バス「駒沢公園東口駅」・「駒沢公園駅」
【駐車場】有
【入園料】無料
【開園時間】常時開放
【公式サイト】https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index040.html

陸上競技場、テニスコートなどのスポーツ施設や自転車貸出施設、ドッグランなど様々な施設が集まった総合公園。ランニングやウォーキングのコースもあり、体を動かすには最適の場所です。

期間限定のグルメフェスやビアガーデンなど人気イベントも行われており、季節ごとに違った楽しみ方ができそうです!

世田谷区の子育て環境は?

スクリーンショット 2018-04-13 13.27.29

待機児童数

平成29年度の待機児童数は861人と、前年度から337人減少したものの23区内ではワースト1。しかし世田谷区は定員拡充に取り組み、1,959人の定員増に成功した。申込者数は前年度より241人増えていたにもかかわらず、待機児童数は減少されました!

平成30年4月に向けて、さらに約1,650人の保育定員増を目指しています。また、保育人材確保事業として、保育士の住宅確保支援や事業者への補助金交付、採用活動支援も行なっています。

教育施設

区立小学校62箇所、区立中学校29箇所。世田谷区教育委員会では、すべての区立小中学校に学校協議会を設置し、地域とともに子どもを育てる教育を推進しています。

また、子どもの健やかな成長のための食育や学校の耐震化など、子どもが元気に安全に生活できる環境を作っています。

子育て支援

世田谷区は平成27年に「子ども・子育て応援都市」を宣言し、子育てを応援するまちづくりを推進しています。

子育てに関する相談ができる「子育てステーション発達相談室」や、子どもたちからの相談を受ける「せたがや子どもテレフォン」など不安や悩みを解消できる場を提供。

助成制度も充実しており、子ども医療費、ひとり親家庭への手当、就学援助費、就学奨励費などの支援を受けることができます。

世田谷区に住むならココ!おすすめエリアをピックアップ!

小田急小田原線 喜多見駅

喜多見

【家賃相場】10万円前後(1LDK〜2DK)、12万円前後(2LDK〜3DK)
【交通アクセス】小田急小田原線
【治安】犯罪発生件数5件
【住環境】閑静な住宅街が広がるファミリーに人気のエリア
【駅付近の商業施設】徒歩圏内にスーパーが3件

駅から少し離れた住宅街には戸建てや低層マンションが建ち並び、多くのファミリーが住んでいます。スーパーや飲食店、商店街、本屋など買い物や外食のスポットも充実しており、生活しやすいエリア。

犯罪発生件数5件と非常に治安も良く、近くを野川が流れていたり自然も感じられます。下北沢駅や新宿駅へのアクセスも良く、休日のお出かけにも便利です。

東急田園都市線 用賀駅

用賀

【家賃相場】14万円前後(1LDK〜2DK)、19万円前後(2LDK〜3DK)
【交通アクセス】東急田園都市線
【治安】犯罪発生件数20件
【住環境】駅周辺は商店街が広がり、住宅街には自然も多い
【駅付近の商業施設】徒歩圏内にスーパーが6件

駅周辺には大型スーパーや商店街、リーズナブルな飲食店が建ち並び、少し進むと閑静な住宅街が広がっています。二子玉川まで徒歩で行けるので、都内まで出なくても買い物・娯楽施設が充実しており非常に便利。

近くには大きな砧公園があり、自然豊かな環境で子どもを伸び伸びと遊ばせることもできます。治安も良く学校も多いので子連れ世帯にはおすすめのエリアです。

小田急小田原線 世田谷代田駅

世田谷代田

【家賃相場】12万円前後(1LDK〜2DK)、18万円前後(2LDK〜3DK)
【交通アクセス】小田急小田原線、京王井の頭線下北沢駅
【治安】犯罪発生件数23件
【住環境】自然に囲まれている、下北沢や三軒茶屋に近い
【駅付近の商業施設】徒歩圏内にスーパーが5件

新宿・渋谷駅まで約15分、池袋駅まで約25分と繁華街までも近く、少し歩けば下北沢駅や三軒茶屋駅へも行くことができます。住宅街が広がり、北沢川緑道や羽根木公園など自然に囲まれています。

犯罪発生件数23件で治安も良好。環状線が通っており夜道も明るく安心で、車やバイクでの移動にも便利です。

最後に

スクリーンショット 2018-04-13 13.20.03

閑静な住宅が広がる人気の世田谷区。人口が多いため、犯罪発生件数や待機児童数は他の区と比べると数字的に多いですが、前年度の統計と比較すると防犯対策や待機児童対策の結果も出ており、今後も不安が解消されていくことが予想されます!

さらに、世田谷区は緑を増やす活動を積極的に行なっており、子どもが自然の中で伸びやかに成長できる環境が整っています!都心部からは少し離れていますが、閑静な住宅街が広がっており非常に住みやすいエリアだと言えるでしょう!

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET