笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
目だけでDJパフォーマンス!ALS啓発フェス「MOVE FES.2018」に行ってみた

目だけでDJパフォーマンス!ALS啓発フェス「MOVE FES.2018」に行ってみた

6月19日に豊洲PITにて行われたALS啓発フェス「MOVE FES.2018 Supported by Hard Rock Experience」。今年で3年目の開催となる話題の音楽フェスに、今回クレイジー編集部も足を運んで参りました!

ALSとは、正式名称を「筋萎縮性側索硬化症」と呼ばれる難病のこと。身体が徐々に動かなくなってしまう病であり、現在も完全な治療に至ってはいません。

EYE VDJ MASAアーティスト写真

MOVE FES.2018の総合プロデュースを務める武藤将胤さんは、自身もALS患者。「KEEP MOVING」のメッセージを掲げ、ALSの認知・理解を深めるために様々な活動を行っています。

限界を作らない生き方_表1
武藤将胤さんの著書『KEEP MOVING 限界を作らない生き方』(誠文堂)

武藤さんは日本での活動の中心となり、現代テクノロジーを駆使した様々なアプローチで、日々ALSを治療可能な病気にするための課題に取り組んでいます。

話題のMOVE FES.2018に参加!

2015年から開催されている「MOVE FES」。音楽ライブとしての規模も年々大きくなっており、ALS啓発の輪を広げるために集うアーティストも増加しています。今年のゲストとして登場したのはNOBU、福原美穂、Def Techなど、知る人ぞ知る豪華アーティストの面々。

最初に登場したのは男性シンガーのNOBU。トークを交えつつのステージで会場の熱気が高まります。

IMG_5938
IMG_5959

さらに福原美穂さん。澄んだ歌声と、全身で音楽を表現するようなパフォーマンスが印象的でした。

IMG_5999
IMG_5993

そして、ひときわ大きな歓声の後にはDef Techの2人が登場。舞台を縦横無尽に動き回り、名曲のカバーからオリジナルソングまで幅広い曲目を披露しました。ホール全体を巻き込むようなステージで、会場のボルテージは最高潮に。

IMG_6030
IMG_6043
IMG_6021

「目」のみでパフォーマンスを行うEYE VDJに大注目!

そして、総合プロデューサー武藤将胤さんもEYE VDJ MASAとして出演。ALSによって両手を使うことのできない武藤さんですが、彼が使用するEYE VDJは、なんと視線の移動やまばたきの情報をリアルタイムで処理し、目の動きだけでDJ・VJパフォーマンスが可能なのだそう。

IMG_6116
IMG_6175
IMG_6173

DJブース両脇のモニターに映された目の動きとリンクして、音楽と中央メインモニターの映像が切り替わっていきます。

さらに、世界初だという、EYE VDJとギターとのセッションシーンも。

IMG_6131

こちらは車椅子ダンサーかんばらけんたさんとのコラボ。

IMG_6146
IMG_6152

さらに武藤さんのDJに合わせてDef Techの2人が歌うなど、他アーティストとのコラボステージも披露されました。

IMG_6159

難病を患っていながらも、パフォーマンスを行ううえでALSは全くハンデにはならないと証明するようなDJ・VJプレイングに、客席からは歓声が沸き起こりました。

IMG_6201

全ての人の人生には、限りがあります。だからこそ今この一瞬・一瞬を大切に生きる。強いVISIONがあれば、きっとどんな人生だって無限に切り開ける。きっと人生に限界なんてない

企画背景にそんな理念を掲げるMOVE FES。今後も武藤さんを中心として広がっていくであろうALS啓発の輪に注目です。

IMG_6206
IMG_6207
会場脇の通路、50円単位で参加できる募金シールのキャンペーン

MOVE FES.2018で初公開となった「目で奏でるMUSIC FILM」はこちら

https://youtu.be/QMc0HedyhKk?t=35

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET