笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
東京の新名所!「スカイツリー」を遊び倒すための徹底ガイド

東京の新名所!「スカイツリー」を遊び倒すための徹底ガイド

スカイツリーとは?


スカイツリーとは正式名称を「東京スカイツリー」といい、東京都墨田区押上にできた電波塔で、言わば東京タワーの進化系のようなものです。

ワンセグやマルチメディア放送などの電波視聴や通信を快適にするために、2012年の5月に電波塔と観光施設として建設されました。その高さは634メートルで、語呂合わせで「ムサシ」と読めることもあり、日本人には覚えやすいですね。

開業以来、全国から訪れる観光客だけでなく、海外からの観光客も多く、国内外問わず観光客からの人気が高い観光スポットになっています。

chiさん(@chitose.500)がシェアした投稿 -


目的は当然、地上350メートルの高さに位置する展望デッキと日本一の高さを誇る450メートル展望回廊。展望デッキから見下ろす都内の眺めは凄まじいもので、連日多くの観光客で賑わいを見せ、非常に活気付いているランドマークと言えるでしょう。

そんなスカイツリーですが、スカイツリーオリジナルのお土産が購入できる以外にも、ファッション、雑貨、インテリア、グルメ、エンターテイメントから地域密着型のスーパーなど、様々な施設が併設されています。

そのため1日中スカイツリーにいても、飽きることなく楽しむことができてしまいます。そんなスカイツリーを遊び倒す各種スポットについて今回はご紹介いたします。

【施設名】東京スカイツリー(とうきょうすかいつりー)
【住所】東京都墨田区押上1-1-2
【電話番号】0570-55-0634
【営業時間】8:00~22:00
【定休日】なし

スカイツリーまでのアクセス方法&駐車場情報

はじめに、スカイツリーまで行く方法をお教えします。通常の交通手段とは少し異なるものもあるので、確認しておきましょう!

公共交通機関からのアクセス方法

名古屋 学さん(@na7go5ya8manabu)がシェアした投稿 -


スカイツリーの最寄り駅には、東武スカイツリーラインの「とうきょうスカイツリー駅」という駅があります。駅の名前がとうきょうスカイツリーとなっているので、初めて東京に来た人でもわかりやすいですよね。

最寄り駅はその他にも「押上駅」という駅があるのですが、この駅には半蔵門線・京成線・都営浅草線などが乗り入れているので、他の観光スポットからのアクセスもしやすくなっています。

「とうきょうスカイツリー駅で降りなきゃいけないんじゃないの?」と思いがちですが、押上駅からも同じように歩いて数分で東京スカイツリーに行くことができます。

多くの路線からアクセスできる上に2つの駅から直通で行けてしまうので、駅からのアクセスは非常に利便性に長けています。

Shiho Kurachiさん(@sorakarashiho)がシェアした投稿 -


それ以外にも、「スカイツリーシャトル」と呼ばれるシャトルバスも運行しているので、電車の乗り換えが面倒な人や、乗り換えがわからなくて不安という人、飛行機や新幹線などの公共機関で東京都内に観光へ来た人には、こちらもおすすめですよ。

バスの主要停留場所は、上野、浅草、東京駅、羽田空港、東京ディズニーリゾート、お台場、和光・志木となっているので、浅草や上野など他の観光スポットを巡ってから行くこともできます。

自動車で来た時に利用できる駐車場

スカイツリーには、西側の立体駐車場と東側の地下駐車場の2か所の駐車場施設があり、立体駐車場では267台、地下駐車場は645台と、トータルで900台以上もの駐車スペースか確保されているのです。

2012年5月のオープンしたばかりの頃は非常に混雑していて、利用できないということも多々ありましたが、現時点では空きがある時間帯もあるので、容易に駐車することができるでしょう。

【駐車場施設名】ソラマチ西駐車場
【営業時間】月〜土 7:30~23:00(入庫は22時まで)
【駐車台数】立体駐車場 267台
【駐車料金】350円 30分
【施設利用割引】ご利用金額3000円以上5000円未満(税込)1時間無料、5000円以上(税込)2時間無料

【駐車場施設名】ソラマチ東駐車場
【営業時間】月〜土 7:30~23:00、日曜祝日 10:00〜23:00(入庫は22時まで)
【駐車台数】地下駐車場 645台
【駐車料金】350円 30分
【施設利用割引】ご利用金額3000円以上5000円未満(税込)1時間無料、5000円以上(税込)2時間無料

スカイツリーに来たらまずは登らなくちゃ!

スカイツリーの最大の目玉といったらやはり展望デッキ!

ここに来たら日本一の高さの展望デッキまで上らなきゃ損、基本的にはどの時間帯も混雑していますが、並んででも上る価値のある場所と言えるでしょう。

地上350メートルの高さから東京を眺める展望デッキ

@s_pan_007がシェアした投稿 -


よく東京タワーにある150メートルのメインデッキからの眺めは、人がアリのように見えると言いますが、ここ展望デッキからの眺めは、人が目視できない程の眺めで街はジオラマのように見えます。

何てったって、東京タワーの全長333メートルよりもさらに高い場所の眺めですから、高層ビルさえも小さく見えてしまうほど、それだけの高さから東京を眺めるのは圧巻で、東京23区を奥の奥まで眺めることができるのです。

Jackiさん(@jackizphotography)がシェアした投稿 -


また、夜になるとビルの夜景が美しく、まるで宝石箱をひっくり返したかのような景色はムード満点と言えます。さらに、朝8時から営業しているので、朝からの眺めもまた夜と違って美しいですよ。

時間帯問わず楽しめる展望デッキは、今までにない上空からの眺めを楽しむことができるでしょう。

【施設名】東京スカイツリー 展望デッキ(とうきょうすかいつりー てんぼうでっき)
【営業時間】8:00~22:00(最終入場 21:00)
【定休日】なし(ただし、強風や天候不順により営業中止する恐れあり)
【当日料金】大人 2,060円、高校生・中学生 1,540円、小学生 930円、幼児 620円
【日付指定料金】大人 2,600円、高校生・中学生 2,100円、小学生 1,400円、幼児 1,000円
【日付指定早朝割引】大人 2,100円、高校生・中学生 1,600円、小学生 1,000円、幼児 700円(8:00~9:30)
【障がい者割引】あり(料金の半額、障がい者手帳の提示が必要)
【事前予約】可

空を散歩?展望回廊!!

@mgakg_685746がシェアした投稿 -


展望デッキからさらに100メートル上がると、展望回廊の入り口があり、そこから展望スペースの外に設計されたチューブ型の通路を歩いて上のフロアに上がることで、450.2メートルという日本一の高さを誇るソラカラポイントにたどり着くことができます。

日本一高い場所から眺める景色は圧巻を通り越して感動すら覚えます。さっきまでいた地面があんなに遠くに、さっきまで観光していた街があんなに小さいと、景色の違いにこんな世界があるんだときっと驚くことでしょう。

ようこさん(@youko0831)がシェアした投稿 -


なお、展望回廊は展望デッキとは別で料金が発生しますが、あらかじめ展望回廊とのセット券を購入しておけば、お得に利用することができますよ。

また、展望デッキに比べてこちらは混雑が少ないので、ゆっくり景色を眺めたい人にもオススメです。東京スカイツリーまで来たからには、ぜひ日本一の眺めを体験してみてください。

【施設名】東京スカイツリー 展望回廊(とうきょうすかいつりー てんぼうかいろう)
【営業時間】8:00~22:00(最終入場 21:00)
【定休日】なし(ただし、強風や天候不順により営業中止する恐れあり)
【地上高】450m
【当日料金】大人 1,030円、高校生・中学生 820円、小学生 510円、幼児 310円
【セット料金】大人 3,600円、高校生・中学生 2,900円、小学生 1,900円、幼児 1,300円
【セット料金早朝割引】大人 3,000円、高校生・中学生 2,300円、小学生 1,400円、幼児 900円(8:00~9:30)
【障がい者割引】あり(料金の半額、障がい者手帳の提示が必要)
【事前予約】不可

スカイツリーの魅力は高さだけじゃない!

日本一の高さと言うと、どうしてもそっちに目が行ってしまいがちですが、スカイツリーの魅力はそれだけではありません。ただ高い所に上るだけでない楽しさを、存分に味わってみて下さい。

ショッピングからグルメまで楽しめる東京ソラマチ


スカイツリーに併設する「東京ソラマチ」は、ファッション、グルメ、東京土産など、全部で312もの店舗から成り立っており、全国的にも馴染みあるお店から東京ソラマチにしかないお店まで、幅広い展開を見せているのです。

感度の高い衣料品や雑貨、かわいくて扱っている所が数少ないキャラクターグッズのお店、さらには献血ルームやサテライトスタジオ、郵便博物館といった各種施設も充実していますよ。

イシコロンさん(@kroromaju)がシェアした投稿 -


また、飲食店は3階のフードコートから1・6・7階のレストラン街、さらには30・31階の高層階からの眺めを楽しみながら食事ができる場所まで、あちこちに集結しています。

期間限定で様々なイベントキャンペーンも行っているので、単なるショッピングやグルメだけではない魅力がギッチリ詰まっているのです。東京都内でも数少ない様々な施設が充実した東京ソラマチで、充実した1日を過ごしましょう。

【施設名】東京ソラマチ(とうきょうそらまち)
【住所】東京都墨田区押上1-1-2
【電話番号】0570-55-0102
【営業時間】全館 10:00~21:00、レストランフロア 11:00~23:00(店舗によって異なる)
【定休日】不定休

デートにもピッタリ!すみだ水族館

Ayumiさん(@yua.princess)がシェアした投稿 -


スカイツリーは観光地重視の施設だけかと思われそうですが、デート利用に最適なスポットが存在します。それが「すみだ水族館」です。

水中に浮かぶ海洋生物や魚、川の生き物まで豊富な種類が揃っています。水族館なので照明は少し暗めになっていますが、その空間の中で照明に照らされたクラゲは幻想的でとても美しいです。

地上350メートルから眺める景色も美しいですが、水中に浮かぶ海の生き物を眺めるのも魅力的ですよ。

Kawaraさん(@kwr_a_o)がシェアした投稿 -


また、こちらの「チンアナゴ」は、キュートでラブリーかつ癒しになる大人気の海水魚ですので、外さないで見ることをおすすめします。人気ゆえに、チンアナゴのグッズも多数販売されているので、お帰りの際にはお土産にいかがでしょうか?

カップル同士の距離を縮めるのは夜景の展望デッキだけではありません、すみだ水族館だって距離を縮めることができますよ。もちろんデート以外に家族旅行など他の楽しみ方もできるので、幅広い層に楽しんでいただけるでしょう。

【施設名】すみだ水族館(すみだすいぞくかん)
【住所】東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
【電話番号】03-5619-1821
【営業時間】9:00~21:00
【一般料金】大人 2,050円、高校生 1,500円、中学生・小学生 1,000円、幼児(3歳以上) 600円
【年間パスポート】大人 4,100円、高校生 3,000円、中学生・小学生 2,000円、幼児(3歳以上) 1,200円
【障がい者割引】あり(料金の半額、障がい者手帳の提示が必要)
【定休日】なし

最後に

日本一の高さを誇る景色豊富なお店様々な施設があり、家族でも友人とでも恋人とのデートでも、幅広いシーンで楽しむことができるのがスカイツリーの魅力です。

観光地として、商業施設として、各種スポットが揃っているので、1日ずーっといても飽きませんよ。東京観光に来た際にはこちらの記事を参考にし、ぜひスカイツリーを1日丸ごと楽しんでみてください!!

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET