笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
一口ほおばれば幸せ…新宿で食べられる人気スイーツ10選

一口ほおばれば幸せ…新宿で食べられる人気スイーツ10選

あなたはどんな時にスイーツが食べたくなりますか?

そのお店でしか味わうことができない美味しくて、視覚でも楽しませてくれるスイーツ。その数多くあるスイーツの中から作り手の想いがこもったスイーツを探してみませんか?

今回は新宿にスポットをあて、人気のスイーツ店を10店ご紹介いたします。

「パティシェリア」なら色んなパティシエの味が楽しめる!

「パティシェリア」は、JR新宿駅新宿改札口より徒歩2分の場所にある新宿高島屋の地下にあります。

このお店には、14人の人気パティシエが丹精こめて作ったケーキが長いショーケースにずらっと並べられており、見ているだけで楽しめる空間が広がっているのです。

名前や見た目だけでは分からないスイーツも、一つ一つ細かく説明が記されているので安心!こうしたことからも、パティシエたちの熱い思いが伝わってくるのではないでしょうか?

そんな「パティシェリア」は、世界初の規模で提供されているスイーツのセレクトショップ!14人のパティシエが作り出すケーキは、とても上品で味覚だけでなく、視覚でも楽しめてしまいます。

持ち帰りはもちろん、時間がある時には店内でコーヒーや紅茶と一緒にくつろぎながらスイーツを楽しむことも。自宅で上品なケーキを味わったり、お店の雰囲気を感じながらケーキを食べたりと、用途によって使い分けができるのは嬉しいですね!

もちろん季節のスイーツもバリエーション豊富。秋には『栗』モンブランを使ったケーキ、母の日にはバラをあしらったケーキ、こどもの日にはこいのぼりをモチーフにしたケーキと、お店に足を運ぶたびにワクワクしてしまいます!

自分の好きなケーキを見つけて、お気に入りのパティシエを探してみるのも楽しいかもしれませんね。お客さんの数だけ味わいや楽しみ方が違ってくる、そんな雰囲気のあるお店で昼下がりのひとときはいかがでしょうか?

【店舗名】パティシェリア 新宿高島屋店
【住所】東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24-2 新宿高島屋 B1F
【電話番号】03-5361-1111
【営業時間】日〜金・祝 10:00〜20:00(L.O. 19:30)、土曜日 10:00〜20:30(L.O. 20:00)
【定休日】不定休(新宿高島屋に準ずる)


まるで芸術!「JANICE WONG」のスイーツ

「JANICE WONG」はJR新宿駅バスタ新宿に隣接しているNEWoManの2階にあるお店です。

このお店の名前になっているジャニス・ウォン氏は、シェフとアーティストの2つの顔を持つパティシエ。彼の作り出すスイーツは、五感で味わうことができる、もはや一つのアート!絵画のような錯覚を覚えるほど芸術的なスイーツなのです。

例えば、アイスバーを懐かしんで創作したこちらの一品。緑の鮮やかなライムとバニラのアイスクリームに、さまざまな植物の泡を添えて楽しむ、森林の香りと爽やかな印象を演出するデザートです。

このお店の特徴はお酒とペアリングができるというところにあります。コーヒーカクテル大会で優勝した凄腕のバーテンダーが、デザートと抜群にマッチした一杯を提供してくれます。この絶妙な組み合わせに魅了され、その独特な味わいを求めてリピートするお客さんが増えているんだとか。

デザートでどんなアートも表現するウォン氏の腕前は、季節によっても違った顔を見せます。五感の全てを研ぎ澄まし、スイーツの域をこえた美味しい芸術作品をぜひ堪能してみてはいかがでしょうか?お店は90分制ですが、来店時には必ずや密度の濃い時間になるはずです。

【店舗名】JANICE WONG(ジャニス・ウォン)
【住所】東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU 2F
【電話番号】03-6380-0317(予約可)
【営業時間】平日昼の部 11:00~16:00、平日夜の部 17:00~23:00、土・日・祝日 11:00~23:00(コースL.O. 21:00、デザートL.O. 22:00、ドリンクL.O. 22:30)
【定休日】
NEWoMan SHINJUKUに準ずる

スイーツにフルーツまで食べ放題!「タカノフルーツパーラー&フルーツバー」

「タカノフルーツパーラー&フルーツバー」はJR「新宿駅」東口より徒歩1分の場所にあります。

フルーツパーラーにフルーツバーが併設されており、フルーツバーとして利用する時は、スイーツや食事メニューがバイキング形式で90分間食べ放題です。

子どもは3歳〜5歳は1,404円(税込)、6歳〜12歳は1,944円(税込)で楽しむことができるので、家族で訪れても比較的安く楽しめるお店になっています。

メニューはバイキングということもあり、カップに入っているものが多く、大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズ感!家族で食を楽しむには、ベストなお店と言えそうです。取りやすいのもありがたいですね!その分取りすぎてしまいそう…!

定番の『イチゴショートケーキ』は、ふんわりとしたスポンジが特徴で、甘さはやや控えめと人気が高いです。

もちろんケーキだけでなく、アイスやシャーベットなど、色んなデザートが所狭しと並んでいるので、90分という制限時間を余すことなく堪能できちゃいますよ。ランチタイムには、フルーツをはさんだサンドイッチも!

シェフが常にいてくれているので、無くなればすぐにフルーツなどを補充してくれます。果物が好きな方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

【店舗名】タカノフルーツパーラー&フルーツバー
【住所】東京都新宿区新宿3丁目26−11
【電話番号】03-5368-5147(フルーツパーラー 予約不可、フルーツバー 予約可)
【営業時間】フルーツパーラー 11:00〜21:00(L.O. 20:30)、フルーツバー 月〜土 11:00〜21:30(L.O. 20:00)、日曜・祝日 11:00〜21:00(L.O. 19:30)
【定休日】フルーツパーラー 1月1日、2月・4月・5月 第3月曜日、9月 第2月曜日、10月 第4月曜日、フルーツバー 4月・10月の第3月曜日


食べ方色々「KEN'S CAFE TOKYO」のガトーショコラ

「KEN'S CAFE TOKYO」は、東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」2番出口から徒歩3分のところにあります。

店内はちょっと高級なレストランのようなたたずまいで、とっても落ち着いた雰囲気。

こちらのお店ではガトーショコラにこだわりを持っており、独自の製法によりコク・甘み・苦味が三位一体となったトクセンガトーショコラ(1本税込3,000円)は、他の店舗ではなかなか味わうことのできない逸品です。

最大の特徴は、食べ方のバリエーション!常温で食べればテリーヌショコラ、冷せば生チョコ、レンジで温めるればまるでフォンダンショコラと、温度によって食感とくちどけを自由自在に変えることができるんです。1本で3倍楽しめちゃいますね!

実はこの食べ方はお客さんのアイデアから誕生したもの。お客さんの声を聞いて、じっくりと考案し、吟味しながら形にしていく姿勢からは、店主のガトーショコラに対しての熱い想いが伝わってきます。

他のお店では味わえない一石三鳥のガトーショコラを、ぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか?

【店舗名】KEN'S CAFE TOKYO(ケンズカフェ東京)
【住所】東京都新宿区新宿1-23-3 御苑コーポビアネーズ1F
【電話番号】03-3354-6206(予約可)
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】土・日・祝日


「SALON BAKE & TEA」スイーツと紅茶でリラックスタイム

「SALON BAKE & TEA」は、JR「新宿駅」ミライナタワー改札・甲州街道改札・新南改札に直結しており、とても便利な場所にあります。お店は明るく開放的で、とてもおしゃれな雰囲気。

フランスのフルコースメニューで最後に出てくる、お皿に盛られたデザート"アシェットデセール"をご存知でしょうか?

SALON BAKE & TEAでは、フルーツやチョコレートなどを使用した様々な期間限定アシェットデセールを提供しています。アシェットデセールの特徴はその見た目。まるで芸術作品のように美しく盛り付けられたお皿の上には、まさに至福のひとときがあふれています。

またお店のイニシャルである『S』の文字が入った「カスレット」も人気商品。このスイーツからもわかるように、お店の名前にもこだわりがあります。このお店の名前に込められた意味は、"お茶を飲みながら、ケーキを楽しめる"ことを意味しており、カフェというくくりとはまた違う位置づけになっているというわけです。

南部鉄器に入った紅茶をいただけるのもこのお店の特徴です。南部鉄器はレッド系やブルー系など色が異なるので、どの色の鉄器に入ってテーブルまで運ばれてくるのかもお楽しみ。

見た目にもインパクトがあり、美しいスイーツが多く、季節の限定メニューも頻繁に更新されるので、何度も足を運んでみてくださいね。

【店舗名】SALON BAKE & TEA(サロンベイクアンドティー)
【住所】東京都新宿区新宿4丁目1−6 NEWoMan 3F
【電話番号】03-6380-1790(予約不可)
【営業時間】11:00~21:30
【定休日】不定休(NEWoManに準ずる)


「Sarabeth's」のスイーツは朝食にも持って来い!

「Sarabeth's ルミネ新宿店」は、JR「新宿駅」南口より徒歩1分の場所にあります。フレンチトーストやパンケーキ、ワッフルなど、伝統的なアメリカの朝食メニューが非常に人気のお店です。

そんな「サラベス」は、1号店を1981年ニューヨークにオープンして以来、現地の人のみならず世界中の観光客からも愛される名店。"NYの朝食の女王"とも呼ばれ、朝のマンハッタンにはその味を求めて長蛇の列ができるんだとか!

サラベスの代表的なメニューは、20年以上も世界で愛される「フラッフィーフレンチトースト」1,250円(税抜)!ストロベリーを添えたふわっふわのフレンチトーストに、メイプルシロップをかけていただくNY風朝食は絶品です。

また、レモンの柑橘感がふわりと香る「レモンリコッタパンケーキ」や、ブランチにぴったりの「クラシックエッグベネディクト」なども人気メニューで、どちらも1,450円(税抜)でいただくことができますよ!

家族の団らん、食卓の中から生まれたからこそ、このお店には家族のあたたかさを大切にしたカジュアルな雰囲気があり、気軽に利用できる環境になっています。料理を一口頬張ればニューヨーカー気分に浸れるかも。

【店舗名】Sarabeth's ルミネ新宿店
【住所】東京都新宿区新宿3−38−8ルミネ新宿店 LUMINE2 2F
【電話番号】03-5357-7535(予約不可)
【営業時間】9:00~22:00(フードL.O. 21:00、ドリンクL.O. 21:30)
【定休日】なし

「CAFE AALIYA」のフレンチトーストはスイーツにも朝食にもピッタリ!

「CAFE AALIYA」は、新宿メトロ「新宿三丁目駅」A1出口から徒歩1分の場所にあるフレンチトーストの老舗です。まるで自宅で食卓を囲んでいるかのような、落ち着きのあるカジュアルさが特徴的。小さい子ども同伴でも入りやすい雰囲気なのは嬉しいですね。テーブル席も多いので、複数人で行っても問題ありません。

フレンチトーストといえばナイフとフォークでいただくイメージですが、「CAFE AALIYA」のフレンチトーストにはナイフがついていません。おや、つけ忘れかな?と思ってしまいますが、そうではありません。ナイフが"必要ない"んです。

そう、こちらで提供しているフレンチトーストにはナイフが要らないほど柔らかく、フォークでスッと切れてしまうほどふわっふわ!それでいて約2センチほどにカットされたトーストは、しっかりと厚みがあるので、食べ応えが抜群です。

View this post on Instagram

@aya020201がシェアした投稿 -

こんがりと焼かれたきつね色の表面、ほんのりと香るバターの風味が、食欲を一層かきたてます。焼き加減、甘さ、トロトロ食感、どれをとっても完璧。お好みのソースによって値段が違いますが、中でも3種類を堪能できる「フレンチトーストミックス」930円(税込)は絶品。

また、ランチ時にはフレンチトーストやパニーニにドリンクとサラダorスープがついたお得なセットもあり、いずれも1,000円未満でいただけることもあり人気があります。

他にはなかなか無いふわふわ食感のフレンチトースト。一度味わうと、何度でも通いたくになってしまうことでしょう!ぜひ近くを通りかかった際には足を運んでみては?

【店舗名】CAFE AALIYA(カフェアリヤ)
【住所】東京都新宿区新宿3丁目1−17 ビル山本B1F
【電話番号】03-3354-1034(予約不可)
【営業時間】土〜木 10:00~22:30(L.O. 22:00)、金曜日 10:00〜23:00(L.O. 22:30)
【定休日】なし


「マーブルラウンジ ヒルトン東京」カラフルでメルヘンなスイーツビュッフェ

「マーブルラウンジ ヒルトン東京」は、東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」C8出口から徒歩2分、都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩3分、JR「新宿駅」西口から徒歩10分の場所にあります。

今や「ヒルトン東京」といえばビュッフェの代名詞のような存在ですよね。マーブルラウンジではそんなヒルトンが提供する至極のビュッフェを心ゆくまで堪能できちゃうんです。

全208席というホテルならではの広々とした空間に加え、ラウンジは吹き抜けとなっていることもあり非常に開放的な空間がお客さんを出迎えます。

中でも常時約30種のメニューを味わうことができる、バラエティに富んだデザートビュッフェは目を見張るものがあります!定番メニューはチョコレートファウンテンや、お客さんの目の前で作ってくれるコールドマーブルアイスなど、思わず可愛くて写真を撮ってしまいたくなるものばかりです。

シェフの遊び心満載のおもてなしをぜひ、思う存分味わってみてはいかがでしょうか?きっと夢の世界へ誘ってくれることでしょう。

【店舗名】マーブルラウンジヒルトン東京
【住所】東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京1F
【電話番号】03-3344-5111(予約可)
【営業時間】平日ブレックファスト 6:30~10:30、土・日・祝日ブレックファスト 6:30~11:00、月〜土ランチ 11:30~14:00、日曜・祝日ブランチ 11:30~14:00、デザート 14:30~17:30、平日ディナー 18:00~21:00、土・日ディナー1部 18:00~20:00、土・日ディナー2部 20:30~22:30、日〜金アラカルト 6:00~23:00、土曜日 6:00〜24:00
【定休日】なし


豆腐を使ったヘルシーなソフトクリーム「京都嵐山 豆とろう」

「京都嵐山 豆とろう」は、東京メトロ丸ノ内線線「新宿駅」西口、JR「新宿駅」西口コンコースすぐ上の新宿メトロ食堂街にあります。

お豆腐ソフトが名物の「創作ソフト サガパー」がプロデュースしたこちらのお店は、名前の通り"豆"をテーマにしている甘味処です。

季節ごとにアレンジが異なる「あんみつソフト」570円(税込)や、好きなソフトに好きなあんをトッピングとして選べる「豆あんソフト」500円(税込)など、魅力的な商品がたくさんありますが、不動の一番人気メニューは、やっぱり「特製ソフトクリーム」330円(税込)です!

「お豆腐」、「お豆腐京抹茶」、「お豆腐巨峰」と3種類の味があり、どれもお豆腐ソフトをベースにしています。そのためか、甘さ控えめのすっきりとした味わいなので、最後まで飽きることなく食べることができちゃいますよ。

抹茶好きの方や健康に気をつけている方は、豆をテーマにして作られている和のスイーツを堪能されてみてはいかがでしょうか?

お店は、売り場だけなので、ゆったりと食べたい時は、お店の前にあるベンチで座って食べることになりますが、とても人気のお店です。

【店舗名】京都嵐山豆とろう 新宿店
【住所】東京都西新宿区新宿1-1-2 新宿メトロ食堂街B1F
【電話番号】03-3347-1060
【営業時間】11:00~21:30
【定休日】不定休

「LE SALON JACQUES BORIE」で至福のひと時を!

「LE SALON JACQUES BORIE」は、伊勢丹新宿店本館の4Fにあるスイーツ店。東京メトロ「新宿三丁目駅」からわずか徒歩2分で行くことができます。

伊勢丹新宿店といえばリニューアルした内装がたびたび話題になる、伊勢丹のフラッグシップ店です。「LE SALON JACQUES BORIE」はそんなデパートの中に入っているだけあって、店内にはとても優雅で上品な雰囲気が流れています。"世界でたったひとつだけのラグジュアリーカフェ"という、お店のコンセプトからもそのことがうかがえますね。

パティスリーワゴンに載せられてテーブルまで運ばれる人気の「パティスリーコンチェルト」は、ケーキとカフェにアイスクリームもしくはソルベがセットになって2,200円(税込)!一つ一つのクオリティはやはり高く、それでいてボリュームも充分にあるのできっと満足できるでしょう。

そうは言っても1個だけでは物足りない!という方には、2種類をセレクトできて2,400円(税込)、3種類で3,200円(税込)というメニューもあるのでご安心を。

夜にはコース料理も提供するフレンチのお店ですが、カフェ利用も気軽にできるので、たまには自分へのご褒美においしいデザートを頬張りながらエレガントに過ごしてみるのもいいかもしれませんね!

【店舗名】LE SALON JACQUES BORIE(ル・サロンジャック・ボリー)
【住所】東京都新宿区新宿3丁目14−1 伊勢丹新宿店本館4F
【電話番号】03-5363-5688(予約可)
【営業時間】10:30~20:00
【定休日】伊勢丹新宿店営業に準ずる


最後に

いかがでしたでしょうか?行ってみたいお店はありましたか?そのお店には独特のこだわりがあり、お客さんの声を大事にしている店舗、アートなスイーツな表現している店舗、世界にひとつだけというコンセプトのある店舗とスイーツのお店がある分、楽しくておいしいスイーツもたくさんあります。自分の好きなスイーツを見つけて、そのスイーツのおいしさを味わいながら、お店の雰囲気も楽しみ有意義な時間を過ごしてみませんか?

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET