笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

ブラックユーモアに戸惑う!対応に困るシュールで毒のある言葉 7選

この記事は、2019年1月28日に掲載された記事を更新したものです。

ブラックユーモアを苦手としている(?)日本人ですが、時にはこんな毒を吐いたりしちゃうことも〜!

1.

SNSで話題になっていたこともあって、社内でも「けもフレ」の勝ちを想定して商品化計画が上がっていたんだろう... と言われていましたよね。予定外のお弁当化だったことを自虐した内容を全面に出していたら、ひょっとしたらもう少し売れていたかも...?

2.

「ハッピーバースデー♪」と口ずさみながら手を洗ったり包丁を握り締めて肉を切ると、サイコキラーっぽい雰囲気が出て気分がよくなるかも。ストレスを解消できて、怒りもモヤモヤも美味しく胃の中に収められる。しかも明日へのエネルギーになる... もし仮にそうなのであれば、いい対処法かもしれません。

3.

子供の頃にもらったものを将来を見越して大切に保管している上、おねだりする予定のものが妙に現実味がある... ちゃっかりしている妹さんですね。いつかその時が来たら、漠然とした念書は法的に効力がないことを主張して逃げるべし。

4.

きっと、ドイツ人の方は相談された通りにお礼に見合う品物を真剣に考えてくれていたはず。女性自身の魅力で相手の男性を喜ばせようとするイタリア人の方の提案には、いろんな意味で脱帽です(笑)。

5.

現役で利用可能な情報伝達手段を、複数の中から選択できると便利なところもある... のかもしれません。ただ使い慣れたものを使い続けると、それに代わる新しいものはどんどん導入しづらくなるもの。年齢を重ねると「あるある」になるやつですね。

6.

子どもを産む、新しい生を与える。きっかけは親のエゴでも、その後は子どもがどんな人生を送って、そこにどんな意味を見出すか、親に対してどんな感情を抱くかは、育てかた次第のはず。でも、中二病真っ只中の時期なら、誰もが一度はこの考えに行き着くものですよね。ある意味とても健全だと思います。

7.

事情を察した大人にしかわからないジョークですね(笑)。健全な使用方法だと信じたいところです。何もわからない子どもからしたら、素直に注射を自分でブスッと指す場面をリアルに想像するだろうし、それを語るお兄さんたちの笑顔に混乱してしまうこと間違いなしです。

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET