笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
「年下の先輩を好きになった」浪人コンプレックスを吹き飛ばした友人の名言

「年下の先輩を好きになった」浪人コンプレックスを吹き飛ばした友人の名言

日本では先輩と後輩の関係を保たないといけない文化ってありますよね。

浪人をして入った学校では、自分が年上なのに年下に敬語を使う場合もあるでしょう。

「年下に敬語を使うなんて恥ずかしい!」
「年下にタメ口で話されるなんてやだ!」

浪人したからこそ生まれるコンプレックスを抱えてる人って少なくはなさそう…。

 

しかし先日、かしュさんが浪人を経験した人のコンプレックスを癒やしてくれるようなツイートをしてくれました!それがこちら。


「年下の先輩を好きになった」

「年下」と「先輩」。ひとりの人に対して同時に使う言葉ではないからこそ、一味違った恋を思い浮かべてしまいます…。

 

こちらの不思議な恋の始まりには様々な反応が届きました。

 

そもそも敬語を使うこと自体がどうなのかと訴えかけるツイートも。

日本は年功序列的な思想が強すぎるあまり、年上と年下でのコミュニケーションが堅苦しいものになりがち。年齢に関係なく、コミュニケーションの壁がもっと低くなるといいですよね。

 

中にはこんな経歴を持つ人からもコメントが…!

「出会いの数が増えた」って考え方、とってもハッピー♪

浪人や留年に対してはネガティブなイメージを持つ方が多いかもしれませんが、実際にはこんな素敵な面もあるんですね~。

 

浪人コンプレックスなんてどうでもよくなるような友人の素朴な恋愛話をご紹介しました!

 

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET