coffee_alarm_clock_01

コーヒーの香りと迎える朝。イギリスで生まれた「コーヒーアラーム」が素敵

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

イギリスの工業デザイナーJosh Renoufが発明したこの「コーヒーアラーム」。アラームが鳴る前にコーヒーを作っておいて、人間が起きたらコーヒーが飲める状態になっているというもの。こんなにすばらしい商品、一体なぜ今まで誰も思いつかなかったのでしょう。

coffee_alarm_clock_01

コーヒーアラームは、ステンレスのボールが誘導加熱によって水を沸騰させることで、コーヒーができる仕組みになっています。

coffee_alarm_clock_04

coffee_alarm_clock_06

ミルクを「冷蔵」して保管しておくスペースさえあります。

coffee_alarm_clock_05

coffee_alarm_clock_02

砂糖などを貯蔵しておくスペースも付いています。

coffee_alarm_clock_07

coffee_alarm_clock_09

coffee_alarm_clock_03

このコーヒーアラームは現在も開発段階にありますが、完成すれば約25,000円〜42,000円で発売されるとのことです。

coffee_alarm_clock_11

coffee_alarm_clock_12

参照:Acid Cow
engadget