笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

「知っていることが増えると知らないことが増える」ってどういうこと?

知らないことをなくそうといろんな勉強をしたり経験したり、でもそうして知識をつけようとすればするほどに知らないことが増えていく。そうして新しいものと出会うことがどんどん怖く、億劫になっていく…。

みなさんはそんなジレンマを抱えてしまったことってありませんか?

先日そんな不思議な仕組みをわかりやすく説明した鹿森さんのつぶやきが話題になりました。

0522twitter.com@shikamori524

「知識は円形(球形)」だから知識が増えると表面積が増え、さらに知らないことが増える。

確かにこの知識が身につく構造を理解しておくと、知らないことと出会うのが怖くなくなりそう。

このつぶやきを読んだ人からは、様々な反応が寄せられました。

たくさんの知識を身につけることは、知らないということを知るということ。

知らないことが多ければ多いほど、世界がもっとワクワクしたものとして感じられるようになるのかもしれませんね!

 

コメント2

  1. バブル世代カーマニア

    「無知の知」を前提にものを言えば、自分が無知であることの自覚に恐怖だか萎縮だか羞恥だかを感じる者は自分が無知であることを否定したうえで無知でありつづけることで安心感を得られるのだな。

  2. マサキ

    レーダーグラフおよびレーダーチャート。
    それは最大であり最終形態が球体になるんだろうね。

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET