笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

「大きな買い物」と「小さな買い物」に対する金銭感覚について

あなたは何かを購入するとき、どんなことを考えていますか?

今回ご紹介するのは事業家さんのこちらの投稿です。

なるほど…!

卵などの自分にとって身近な商品の購入の際には、「あのスーパーのほうがいくらか安い」「今日はあそこのスーパーが特売日だ」など、情報が自分の中に蓄積されているため、いろんな選択肢を用意したうえで買い物をすることができます。

しかし家などの一生に何度かしか訪れないような買い物の際には、圧倒的に知識と情報が不足しているため、ノリや勢いに頼ることしかできず、結果的に大きく損をしてしまっている場合があるとのこと。

そして世の成功者はその逆で、普段の買い物では数百円の得よりも時間効率や合理性を優先します。ですが大きな買い物の時には決して損をすることがないように、知識を蓄積したうえでベストな回答を導き出してから、購入に至るのだそう。

こちらのツイートへの反応がこちら。

お金持ちって同時に最大の倹約家でもあるんですね…。

一世一代の大きな買い物の際には、ぜひこの考え方を思い出し、ノリや勢いに頼る前に一歩立ち止まれるといいですね。

 

コメント3

  1. 道端に軍手置き太郎

    貧乏人が思考・行動パターンを金持ちに合わせたところで金持ちにはなれない。
    金持ちは思考・行動パターンを貧乏人に合わせても金持ちであり続けることができる。

    考え方や行動の過程が大きく違うわけではない。質が大きく違うだけだ。
    金持ちだって大きな買い物はノリと勢いがなきゃ買えない。

  2. 年女

    こんな事を書くと叱られるかもしれませんが、安売りの店でさらに安くなってる先着何名かの目玉品(チラシなどで知る)を買うために、開店小一時間前から並ぶのは、どう考えても時間の無駄使いです。
    人の一時間は数百円ではありませんから。

    1. 神楽坂36

      個人的に同感です。

      僅かなお金を節約する為に、多大な時間を浪費するのは如何なものかと。

      節約した金額と、ソレに費やした時間を冷静にコスト計上してみれば

      闇雲な“時間の無駄遣い”は防げるように思いますが

      僅かなお金と時間のどちらが大事かは、人それぞれなんでしょうね。

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET