笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
1歳からの英才教育👶「かっぱえびせん」の販売戦略が巧妙すぎる件😈💵

1歳からの英才教育👶「かっぱえびせん」の販売戦略が巧妙すぎる件😈💵

みなさん「やめられなくて止まらないもの」って言うと真っ先に何を思い浮かべますか?

IMG_6224_r
↑がんばればやめられるものたち

ゲーム・睡眠・立ち読みあたりは本気でガマンすればなんとかなるので除外するとして、残るものと言えばやっぱり…。

「かっぱえびせん」ですよね。

買う頻度で言うとまあそうでもないんですけど、家にあったら鬼のように食うし、食べ始めると止まらない――そんな魔性のおやつ「かっぱえびせん」

大人でもやめるのが難しいので子どもに与えるなんてもってのほかです。なので、さすがに販売元のカルビーも子ども向け商品は出してないと思ってたんですが――。

味を知ってしまった子ども
味を知ってしまった子ども

実はあります。

image (1) (1)

こちらは「1才からのかっぱえびせん」。名前の通り、カルビーが1歳児でも食べられるようにと作った悪魔のおやつです。

IMG_3393 - コピー

パッケージには塩分40%カットって書いてて、食べてみるとたしかに薄味(食感は普通のと同じ)。これなら幼児だけでなく、塩分が気になる年代の人も安心して食べられるので…

😍カルビーは優しいなぁ😍

なんて思ったらカルビーの思うツボです。これはきっと『揺りかごから墓場まで一生涯「かっぱえびせん」を売り続けるためのカルビーの戦略』に違いありません。

そんな姑息な戦略に、誇り高きクレイジーライターは絶対に負けない😡😡😡

ライターとしての誇りにかけて、カルビーとの真っ向勝負に挑みます。

IMG_3400

こんな姑息なおやつに…。

IMG_3401

絶対に屈するもんか…!

IMG_3406

こんな子どもだましの安い戦略には…。

IMG_3409

絶対に負けられない!!!!!

IMG_3419

オラ!!!!

IMG_3417

オラオラ!!!!

IMG_3425

あっ…。

YswDzzMFnCkTFOi1562217389_1562217568

負けたのでもう何を言っても言い訳にしかならないと思うんですが、言わせてください。

普通のやつより味がしつこくなくて、サイズ感も半分ぐらいになっているので、気づいたらめっちゃ食ってます。なので、これは別にクレイジーライターが弱いってことじゃなくて、単純にカルビー側が1枚上手だったというか…まあ、その、とりあえず――。

今後はカルビーの手先として生きていくので、応援よろしくお願いします。以上です。

コメント1

  1. 幸楽

    このテのシリーズで一番インパクトが強いのはやっぱり広島のオタフクソースじゃないでしょうか。

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET