笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
青年は「亡き母のパネル」を持って卒業式に参加した

青年は「亡き母のパネル」を持って卒業式に参加した

長い学びの期間を終えて、社会への第一歩を踏み出す節目となる卒業式。そんな卒業式に関する写真が世界中の感動を呼んでいます。

写真をTwitterに投稿したのは、フィリピンの学生、パウロ・ジョンさん

pauro1
twitter.com@paudaexplorer

東南アジアをカバーするニュースメディア「COCOUNTS」によると、パウロさんと彼のお母さんは、パウロくんが大学を卒業する日を夢に見ていましたが、お母さんが肺炎で2016年に亡くなってしまいます。深い悲しみを感じながらも、パウロさんは今年7月に卒業式を迎えました。この写真は、卒業の喜びを亡き母と共有するために、彼が発注した「等身大のパネル」だったのです。

「僕が大学を卒業することは2人にとっての夢でした。卒業の日に、少しでも彼女をそばに感じられるようにパネルを作ってもらった」

「卒業するとき、母と一緒にいるような気分でとても嬉しかった」

パウロさんは同メディアに対してこう語りました。

pauro2
twitter.com@paudaexplorer

ちなみに、パネルはお母さんの身長の高さだそうです。

海外のネット上の反応 ↓

「素敵です。お母さんも誇りに思っている事でしょう」
「あなたはいい息子さんですね。お母さんがいつも天国からあなたを守ってくれますように…」
「素敵な話。おめでとう!」

祝福する投稿が多数見られました。

母に対する想いの強さが伺えるパウロさんの発想と行動。ついウルっときてしいました。

さて、卒業の夢を叶えたパウロさん。その優しい心があれば、社会に出てからも信頼される人間になれるはずです。

コメント1

  1. 名無しさん

    こんな暑い日にも暖かい話は良いなぁ

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET