笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

等身大パネルは、遊ばれ、壊され、そして愛された

未だかつてないほどに激動の人生を歩んだ「等身大パネル」をご紹介します。

9月の第1週に、4日間かけて行われた北アメリカのカルチャーの祭典「ドラゴン・コン」。アニメやゲームのファンたちが集結したその場で、なぜか注目を浴びることになった等身大パネルがあります。

それがこちらの、物流サービスをメインに提供する会社「FedEx(フェデックス)」の広告です。

名前はジョン。なんの変哲もない彼ですが、どうやら来場者のツボにハマってしまったようで、ちょっとしたイタズラを仕掛けられてしまうんです。

あ〜はいはい。ポスターの顔写真に画鋲を刺すような日本でもよくあるやつね\(^o^)/

ところがどっこい。

このジョンへのイタズラは、これだけでは止まらなかったんです。驚きの変貌をご覧ください。

目のイタズラに気づいた人がさらに手を加え、耳が生えました。口から血のようなものも。

するとなぜか肩に守護霊が出現。

しかしすぐに守護霊はいなくなり、突然ハワイの観光客に大変身。よく見るといろいろ増えており、ユニフォームにはNASAステッカーが貼られています。

そしてここから突然のステッカー合戦勃発。各々の好きなものを貼られまくります。吹き出しも付け加えられ「お腹すいたよ」など勝手に決めつけられる始末。

もうなにがなんだか。しかしジョンにも限界があったのか、散々いじられた後にその場から失踪してしまいました。

連日ドラゴン・コンを楽しんでいた来場客もこれにはガッカリしたよう。なんと、ジョンがいた場所に追悼メッセージやちょっとしたお供え物が置かれ始めたんです!

いやもう意味がわからない。どれだけ愛されてたんだあの等身大パネル。

「いつまでも愛してるよ」なんて熱烈なメッセージまであります。

どさくさに紛れてゴミ置いてるやつもいるけど。

写真撮影までされて、ジョンは本当に人気者だったんだなぁ。

RIP(安らかに眠れ)と暮石のようなものまで簡易的に作られました。

短いけれど濃い人生だったことでしょう。

ジョンよ、永遠に。

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET