笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

海外の夜道で「泥酔野郎」にさらわれかけた話

以前の記事「飛行機で『鬼ヤバい腹痛』に襲われたときの話」でも記憶に新しい、漫画家の五箇野人さん

今回ご紹介する作品での体験は、これまで作者が体験したヤバさの中でも上位に入るレベルの危険度かもしれません。

海外で地元青年と交流中
twitter.com@gokayajin

めっちゃカッコいいリアルヒーローやん…

本来なら作者のことを無視して通り過ぎても良かったはずなのに、自分が泥酔者のフリをして作者をさらうことで揉めずに事を収めたなんて、超絶頭いい&超親切な人!

海外だと何となくその場のノリで、若者の輪に参加してしまいそうですが、その背後には何が潜んでいるのかわからないってことですね。海外では雰囲気にのまれず、自分の身を守るよう心がけたいものです。

名演技のヒーローにはたくさんの称賛が与えられた他、作者の身を案じるコメントも寄せられました。

現在、サンデーうぇぶりにて『#世界#映え殺し#ツアーズ』を、ゲッサンにて『世界歩いてるとドープな人にカラまれる』を連載中の五箇野人さん。

同タイトルで発売中のそれぞれのコミック1巻、およびTwitterに投稿されている海外体験記もおすすめなので、併せてチェックしてみてくださいね。

Twitter:@gokayajin 
連載作品:#世界#映え殺し#ツアーズ / 世界歩いてるとドープな人にカラまれる
Amazon:#世界#映え殺し#ツアーズ 世界歩いてるとドープな人にカラまれる

コメント2

  1. 名無しさん

    この人いい人に巡り合い過ぎ!
    気を付けて!ほんとにw

  2. 変奇者

    五箇野人さんの幸運のヒキの強さが凄過ぎ!!

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET