笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

あなたには何本ある?「結婚線」の意外なアレコレ

恋愛運や結婚運に関係する『結婚線』と呼ばれる手相はすでに知っているという人も多く、雑誌や本で見て、遊び感覚で自分や友達の結婚運を占ったことのある人もいるのではないでしょうか?

そんな結婚線から見えてくるのは結婚する年齢だけなのか、結婚線がない人は結婚できないのかなど、今回は『結婚線』について詳しくご紹介します!

そもそも結婚線ってどこにある線?

結婚線は手のひらの側面からまっすぐ伸びているのが特徴的な手相で、場所は利き手の小指と感情線の間にあります。

結婚線

結婚する年齢を見る時は小指の付け根から感情線までの中間地点を30歳とし、上半分の中間地点は40歳、下半分の中間地点は20歳になります。

感情線に近ければ近いほど早婚、小指の付け根により近ければ晩婚という結果になります。

結婚線でわかるのは結婚のタイミングだけ?

この手相はあなたが生涯で結婚する可能性がある回数を表しています。そのため結婚線の数が多ければ多いほど、恋愛をする確率も高い傾向にあり、恋多き人生を歩むことでしょう。

『結婚線』の数は、平均2〜3本程度と言われています。もし複数本ある場合には、その中で一番濃くはっきりと出ている線が結婚する可能性が高い時期です。4〜6本以上と多すぎるくらい結婚線がある人は結婚のチャンスが多いというより、惚れっぽい性格であることを表しています。

結婚線の濃さは恋愛の充実度を示すので、線の本数よりも濃さがとても重要になります。さらにまっすぐに長いものであれば、2人は末永く幸せな結婚生活を送れます。

結婚線がない人もいますが、結婚線がないと「結婚することができないの?」と思う方もいるかもしれません。

結婚線のない人は、もとから恋愛にかなり消極的な傾向があり、結婚や恋愛に対して興味や関心が少ないタイプが多いです。そのため、本人は結婚線がなくても「気にしない」人がほとんどです。

しかし、『結婚線』が1本もないと言っても生涯独身とは限りません。恋愛や結婚に対して積極的になると結婚線が出てくることも。あなたが変われば、手相や運勢も変わってきますよ。

監修者緒方智

緒方智

監修者緒方智

小2で占いに出会い、中3で占いだして30歳をきっかけにプロとなり、日に20人以上占った経験を持つ。手相・タロットカードを得意として、わかりやすく丁寧で具体的な鑑定を行い、浅草で1番当たる占い師との口コミも。

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET