笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

悪のカリスマ!ドンキホーテ・ドフラミンゴの魅力と再登場の可能性を解説!

世界中で愛されるワンピース。そのストーリーもいよいよ大詰めです。

今回登場するドフラミンゴはグランドライン後半の海である新世界の強力な敵として、ルフィ達を追い詰めました。悪のカリスマとしての美学や名言も多く、敵でありながら魅力に溢れたキャラクターであり、根強い人気を誇ります。

今回は、そんな悪のカリスマであるドフラミンゴの経歴や悪魔の実、名言などに迫っていきます。

プロフィール

912JFB4lW8L._AC_SL1500_
amazon.co.jp

名前 : ドンキホーテ・ドフラミンゴ
元懸賞金 : 3億4000万ベリー
出身地 : 聖地マリージョア
年齢 : 39歳→41歳
誕生日 : 10月23日
身長 : 305cm
異名 : 天夜叉
経歴 : 元天竜人→ドンキホーテ海賊団→ドレスローザ国王→インペルダウンLEVEL6

金髪を短く刈り込み、「フッフッフ…」と常に不敵な笑みを浮かべ、底知れない雰囲気を持つ男で、フラミンゴのようなピンク色の羽毛のコートを着用しています。

2017年にはモコモコアウターを着たファッションが女性の間で流行り、ドフラミンゴ系女子とテレビで紹介されたこともあります。ワンピースを知らない人でも名前は聞いたことがあるかもしれません。

また、ドフラミンゴと言えば常にサングラスを着用しています。作中でも外す場面はありましたが、読者には見えないようになっています。※763話で片目を見開く場面はありました。

幼少期やルフィに倒された後、SBSでも描かれることはなく、何か秘密があるのかもしれません。特徴的な容姿も魅力の1つです。

悪魔の実の能力

ドフラミンゴは「イトイトの実」の能力者です。指から糸を出して攻撃や操ることはもちろん、雲に糸を引っ掛けて空を飛ぶ、自分そっくりの糸人形を作る、内蔵の損傷を糸で修復する等も可能です。悪魔の実は鍛えるほど能力は上がり、常人がイトイトの実を食べても指から糸を出すくらいしかできません。作中で見せた能力の応用は、ドフラミンゴの発想力や鍛錬の賜物だと言えます。

イトイトの実はドフラミンゴが子どもだった頃、トレーボルから譲り受けたものです。果実の見た目は白い洋梨のようでした。トレーボルが実の正体を知っていたかどうか、なぜ所有していたのかは分かりませんが、ドフラミンゴとイトイトの実は相性が良かったようですね。

ドフラミンゴが初めて能力を発動したのは25巻234話で、七武海を諫めようとした中将を糸で操りました。その後も頂上戦争でリトルオーズの足を切断する、モリアを追い詰める等の描写があり、その実力は確かなものとして描かれていました。

実際に実の名前が判明するのは73巻724話と実に48巻分、12年もの月日が流れています。作者もずっと温めていた能力だったのでしょう。

ルフィとローを追い詰めるほどの戦闘能力

懸賞金は3億4千ベリー。初登場時はルフィやドリーとブロギーの1億が最高金額だったこともあり、読者を震撼させました。

この金額は長い間更新されず、最も懸賞金が高い男として君臨していました。七武海に所属した段階で懸賞金はストップするため、危険度を考えると金額はさらに上がると思われます。前述したイトイトの実の他、三種類の覇気を使いこなしています。

耐久力も非常に高く、ローに内臓をボロボロにされつつも応急処置で繋ぎ止め、その後のルフィのギア4を受けてもまだ立ち上がることができました。

幼少期はチンピラにも勝てず、道で転ぶような年相応の力しかありませんでしたが、ここまで強くなったのはドフラミンゴの高い潜在能力が理由だと言えますね。

個人の強さの他、ドフラミンゴファミリーの殆どが悪魔の実の能力者であり、高い実力を持ちます。最高幹部のヴェルゴは海軍に所属し、諜報部員として活躍しています。幹部たちはドフラミンゴのためなら命も惜しまず、互いの信頼関係が伝わります。

「イトイトの実」の技

 

ドフラミンゴの技は多岐に渡るので、系統に分けて紹介します。

五色糸(ゴシキート)・超過鞭糸(オーバーヒート)等

掌や指先から糸を繰り出し攻撃します。基本的な攻撃ですが、殺傷能力は高く、作中ではスモーカー、ロー等、多くの強いキャラクターに大きなダメージを与えています。武装色の覇気を纏うことで糸の精度をさらに高めています。

寄生糸(パラサイト)

作中で初めて使用した技です。糸で他人の自由を奪い、拘束する等して操ります。ドレスローザを奪った際には、多くの兵士を同時に操っていました。

影騎糸(ブラックナイト)

糸で影武者を作ります。本物と同じ技が使え、会話もできており、影武者と言うよりも分身と言った方が正しいでしょう。

鳥かご

特定の範囲を強靭な糸の檻で鳥かごを作ります。ドレスローザ編後編で使用し、国民を恐怖に陥れました。ゾロや藤虎も結局斬ることはできませんでした。ドフラミンゴは鳥かごを発動しつつルフィと互角の戦いを続けています。

身体(内臓)の修復

ローのガンマナイフを受けた後、糸で応急処置をしました。医学的な知識もあるのでしょうか。

覚醒 荒波白糸(ブレイクホワイト)

超人系悪魔の実として初めて覚醒した能力を見せつけました。周囲の建物等を糸に変えています。ドフラミンゴの能力者としての応用力は作品内でもトップクラスですね。

再登場の可能性も!?ドフラミンゴのこれまでの歩み

61rSNHkpzpL._AC_
amazon.co.jp

元々は天竜人でしたが、33年前に両親が下界に降りた事で生活は一変。天竜人に恨みを持つ人から逃げ回る生活を続け、母親は8歳で病死。後にトレーボルらと出会い、イトイトの実と拳銃を手に入れます。父親の首を持ちマリージョアに戻り天竜人への復帰を求めますが断られます。

その後はヴェルゴやトレーボルたちのボスとなり、後にドンキホーテ海賊団を結成。13年前にはスパイであり幹部だった弟のコラソンを殺害、10年前には王下七武海に加入します。

その後はドレスローザの国王に就任しつつ、人工悪魔の実や人身売買等の闇のブローカーとして暗躍します。七武海の仕事もこなし、頂上戦争にも参加し、クロコダイルや白ひげ海賊団とも渡り合っています。

2年後になり、四皇の首を狙うローとルフィが同盟を組みます。人工悪魔の実を作っているシーザーと引き換えに七武海を脱退することを明言しますが、誤報としてローたちを追い詰めます。結果的にルフィらに敗れるものの、2年後のルフィにとって初めての強大な敵だったと思います。

現在はインペルダウン level6に収容されています。マリージョアに眠る宝物の正体を知っており、刺客が現れたようですが、消息は不明です。

 

名言

その人生経験から名言も沢山ありますが、今回はその時の場面と共に紹介していきます。


・「時代は"スマイル"さ」

ヒューマンショップが襲撃された時にディスコに言った台詞。当時は人身売買というビジネスから手を引き、新たなビジネスを始めるのだと言うことしか分かりませんでした。

ワノ国に入り、人工悪魔の実のリスクが説明され、スマイルの真の意味が分かりました。

何気ない台詞が数年後に意味を持つ。尾田栄一郎の伏線の細かさと、ドフラミンゴが世界に与えている影響が良く分かります。


・「平和を知らねーガキ共と戦争を知らねーガキ共との価値観は違う頂点に立つものが善悪を塗り替える!!今この場所こそ中立だ!!正義は勝つって!!そりゃあそうだろう!!勝者だけが正義だ!!」

頂上戦争での名言。戦争を知らない子供でもあり、平和を知らない子供でもあったドフラミンゴだからこその台詞です。挿絵では平和な子供が泣き、戦争の子供が笑っているのも印象深いです。現実でも勝者が歴史を作り、正当化される現状があります。


・「始まるんだよ!!! 海賊の歴史上最大の!!!”覇権争い”が!!!!!」

ドフラミンゴがインペルダウンへ輸送される時の台詞です。彼は空島編から既に新時代の幕開けを予想していました。いつも一歩引いた目で状況を見ていたように思えます。頂上戦争から2年間、平静を守っただけのドフラミンゴは覇権争いから離脱します。どのような心境で見ていたのでしょうか。他にも沢山の名言、名場面があります。

ファミリーをまとめる器!ドフラミンゴの魅力とは

心の奥にある人間らしさ

悪のカリスマとして数々の悪事や裏の顔を持ってきたドフラミンゴ。自分のシンボルに泥を塗った者には容赦しません。

悪人としての道を貫くと思いきや、天竜人から堕ちた過去はトラウマとなっています。権力に執着する様子、選民思想等、今でも天竜人に戻りたいと言う様子が見え隠れします。悪のカリスマも元々は弱い人間であり、彼のキャラクターをより深いものにしています。

仲間思い

母を8歳で亡くし、父を10歳で殺したドフラミンゴにとってファミリーはかけがえのない仲間です。ドフラミンゴがピンチな時は命を投げ出す事も厭わず、明確にファミリーはドフラミンゴを慕っていました。

「俺にはこいつらしかいない…!!家族を笑う者は俺が許さん…!!」と言う台詞からも固い絆で結ばれていることが分かります。

シーザー奪還の失敗等、ファミリーの失態については自分に責任があるとして一切咎めていません。情を持つ相手に見せる優しさも彼の魅力です。


王になれなかった男

ドフラミンゴは最高幹部からはドフィと呼ばれています。何となくルフィと似ている部分がありますね。仲間に慕われているところも。

最高幹部達の教育のおかげで七武海の一角を張る程の実力者になった彼ですが、残念ながらルフィに敗北し王にはなれませんでした。

その原因は環境の違いだったのではないでしょうか。ドフラミンゴは戦闘面以外で最高幹部に全てを肯定されて生きてきました。結局の所は下界に堕ちても彼は天竜人のような者だったのです。仲間に生きろと言えるルフィと、死んでくれと言うドフラミンゴ。それが王になれなかった違いでしょうか。そんな対比も魅力の1つです。

 

ドフラミンゴを演じた声優は?

ドフラミンゴの声優は田中秀明さんです。5歳の頃からラジオドラマの主役を担当し、1974年から声優を務める大ベテラン。役の幅は広く、味方から老人、ナレーターも務めています。ジャンプの漫画ならスラムダンクのメガネ君とナレーター、キン肉マンのテリーマンなど。落ち着いた役が多いのですが、ドフラミンゴの狡猾な役も見事に演じていました。敵に見せる残忍さと、仲間にみせる優しさ等、微妙なニュアンスもしっかりと表現できていましたね。

残念ながらドフラミンゴは戦線から離脱し、以前程活躍の機会は減りました。田中さんはサザエさんの3代目マスオさんを演じており、その声を聞くことができますよ。

まとめ

以上ドフラミンゴのプロフィールや名言等についてお伝えしました。ドフラミンゴはその出生、世界政府にとって重要な秘密を知っているということから、再登場する可能性が高い人物です。

もしこの記事を読んで興味を持ったら、改めてアニメや漫画を振り返るとおもしろいかもしれません。きっと新しい発見があり、ドフラミンゴのさらなる魅力に気付くことができますよ。

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET