笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

常人の2倍の生命力をもつ『二重生命線』がある人いますか…?

手相占いの基本線の一つ、親指と人差し指の付け根の間から弧を描くように手首の方へ伸びる線『生命線』。

今回はこの生命線が2本ある『二重生命線』をご紹介します!

二重生命線とは

手のひらの真ん中あたりにある、一般的な生命線よりも深い意味を持った線が『二重生命線』と呼ばれる手相です。

二重生命線

簡潔に言うと生命線が2本あることを指しています。2本目の線が内側と外側のどちらにあるのかで意味が変わってくるので、その点も確認してみましょう。

二重生命線の意味

『二重生命線』を持つ方は、生命線が2本あることから人の倍の生命力を持っていて長生きをする人が多いです。

しかし、肉体の強さを表すわけではないので、生命力とアンバランスになってしまい体調を崩しやすい一面もあります。

二重生命線を持つ人は忍耐力が強いタイプなので内側から溢れるエネルギーを生かせるよう、肉体を鍛えるとより良い人生になります。

二重生命線を持つ人の特徴

『二重生命線』を持つ人は努力家で何事にも全力で取り組みますが、力加減で上手くできず無茶なハードワークになってしまう場合もあります。

気づいた時には身体に大きな負担がかかっている事もあるので、適度な休憩を取ることも忘れないように意識しましょう。

二重生命線の2本目は内側?外側?

『二重生命線』となる2本目の生命線は内側にある人がほとんどです。そんな内側に二重生命線がある人は一途なタイプだと言われています。

やると決めたら最後までやり遂げる強さがあります。この一直線な思いは夢の達成や仕事だけでなく、恋愛でも恋人や家族を一途に愛して大切にします。

一方で『二重生命線』が外側にある人はかなりの少数派になります。

内側の人より精神力がさらに強く、折れない心を持っています。その影響は周囲の人にも及び、前向きな姿勢がその場の空気を良い方へと変えていきます。

尊敬を集めるタイプなので、仕事や家庭など様々な場所で活躍できる存在になれるでしょう。

『二重生命線』は強い生命力を表しますが、生命線の状態が良くない場合は2本で1本分の生命力ということもあるので過信は禁物です。まずは無理のない生活を心がけていきましょう。

監修者緒方智

緒方智

監修者緒方智

小2で占いに出会い、中3で占いだして30歳をきっかけにプロとなり、日に20人以上占った経験を持つ。手相・タロットカードを得意として、わかりやすく丁寧で具体的な鑑定を行い、浅草で1番当たる占い師との口コミも。

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET