Screen Shot 2014-11-07 at 1.06.20 PM

62年越しの恋!92歳の男性が忘れられない人に1通のラブレターを送った

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

92歳の男性が、愛の告白に「時すでに遅し」はないということを証明しました。

昨年、サンディエゴのハワード・アテベリー氏はシンシア・リグス氏と結婚しました。現在2人は、リグス氏の家のある米マーサズ・ヴィニヤードで一緒に暮らしています。

1

2人は1950年の夏、一緒に研究活動をしアテベリー氏はリグス氏に一目惚れをしました。

その夏はリグス氏に彼氏がいたため、2人が一緒になることはありませんでしたが、アテベリー氏はその後もリグス氏のことが忘れられませんでした。

2
参照:mvtimes.com

2人はその62年後、アテベリー氏がリグス氏に突然手紙を送ったことで再会します。

ラブレターは、ペーパータオルに暗号で書かれていまいした。それを見たリグス氏は1950年の夏に研究室で2人が同じようにメモを渡し合っていたことを思い出し、ピンと来たのです。

3

アテベリー氏は、最初のラブレターを「君を忘れたことは一度もない」と締めくくりました。

リグス氏は2012年に初めてラブレターを受け取った時は、多少の迷いがあったと言いますが、周囲のすすめもあり彼女はアテベリー氏に返事を出します。

出会った当初の2人
4

アテベリー氏とリグス氏は両者とも結婚を経験しておりで子供もいましたが、離婚や死別などを経て独身でした。

5

再会の日、アテベリー氏とリグス氏はとある駅で会い、アテベリー氏は1本のバラをリグス氏に渡します。そして1時間もしないうちに、アテベリー氏はリグス氏にプロポーズをし、2人は結婚を決めたのです。

6
参照:The Boston Globe

2人は初めて会った夏に言及し、アテベリー氏は、リグス氏に一目惚れしたと言います。

しかし当時、リグス氏は18歳でアテベリー氏は28歳だったため、アテベリー氏のことを兄のようにとしか見ていなかったと明かします。

7
vineyardgazette.com

再会の翌年、アテベリー氏は米マーサズ・ヴィニヤードにあるリグス氏の家に引っ越し、二人はその地で挙式を上げます。

「私たちに残された時間は長くないから、遠い先のことを考えるのは非現実的なのです。だからまだ若かった頃に心配していたようなことは、この歳になればどうでもいいのです。」

8

62年ぶりの再会が迫った時、リグス氏は自分の老いてしまった身体がアテベリー氏を悲しませてしまうのではないかと心配していたと言います。

しかしアテベリー氏は、「もちろん当時のシンシアも覚えているよ。しかし今私が一緒にいるのは今のシンシアだ。僕が今愛するのは今のシンシアであり、決して過去の影ではないんだ。」と言います。

 

参照:Daily Mail