笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

校長先生が、最後の力で見に来てくれた卒業式の話。

卒業式には人それぞれの思い出があるものです。

今回ご紹介する漫画家の大塚みちこさんの『私の卒業式』では、当時小学校6年生だった作者の卒業式の思い出が描かれています。たくさんの思い出が詰まった卒業式の中で、大人になった今も作者の心をふるえさせる切ないエピソードをどうぞ。

 

私の卒業式01
twitter.com@mt_mitty
私の卒業式02
twitter.com@mt_mitty
私の卒業式03
twitter.com@mt_mitty
私の卒業式04
twitter.com@mt_mitty

私の卒業式05
twitter.com@mt_mitty
私の卒業式06
twitter.com@mt_mitty
私の卒業式07
twitter.com@mt_mitty
私の卒業式08
twitter.com@mt_mitty

私の卒業式09
twitter.com@mt_mitty
私の卒業式10
twitter.com@mt_mitty
私の卒業式11
twitter.com@mt_mitty

涙の止め方がわからなくなった…

校長先生はきっと、無理を承知で卒業式に出席してくれたんでしょう。最後の卒業生たちを見送れたのは、先生にとっても満足できる教師人生だったに違いありません。

卒業式の翌日の悲しいお知らせには涙が止まりませんでしたが、これからもずっと、作者の心の中に残る素敵な思い出として生きていくのでしょうね。

切ないけれど心温まる作者の思い出エピソードには、多くの読者が涙しました。

さて現在、作者の大塚みちこさんはぶんか社の「主任がゆく! スペシャル」にて『それいけ!せっぷく丸』を連載中!
また、コミックス『泣きながらがんばるあなたへ』が発売中となっています。

作者のTwitterには、他にもたくさんの素敵な作品が投稿されているので、併せてチェックしてみてくださいね。

Twitter:@mt_mitty
pixiv:mitty 大塚みちこ
LINEスタンプ:mitty
書籍:泣きながらがんばるあなたへ
   敏感性自滅ガール~吹奏楽部エッセイ~

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET