笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

「学級崩壊を起こし、生徒に嫌われていた先生」にアドバイスをした話

以前から何度かクレイジーでもご紹介している漫画家の水谷路さん。インスタでは日常漫画を日々投稿しています。

スクリーンショット 2020-06-19 18.29.25

今回ご紹介するのは、水谷さんが小学5年生の頃の話。学級崩壊を起こし、生徒に嫌われてしまっていたとある先生と水谷さんとの不思議な縁が始まります…。

それではどうぞ↓

96117350_250413396108566_2429312978892104841_n 95875015_567240233913670_8502101851373342129_n 95948997_251202406000516_2154176194511750067_n 95596934_716412115776748_8827607511770546689_n 95748229_113242667044151_3771891537893847541_n 96525231_277684400065180_860116271165334621_n

子供にとって先生という職業は、どうしても遠いような気がしてしまいましたよね。先生がどうしても辛い時に水谷さんが伝えた「私だけは先生の味方」という言葉。この短いフレーズが一人の人間をどれほど助けただろうと考えると、思わず泣きそうになってしまいました。子供のアドバイスを素直に受け入れることで元気を取り戻したK先生。今もどこかでご活躍しているのでしょうか…✨

 

作品提供:水谷路(みずたに みち)

コメント4

  1. 通りすがりのにゃんこ

    その先生がどうだったかは分からないけど、児童の方は何となく想像がつく。

    授業を邪魔したり、先生に暴言や暴力をするような児童・生徒って、イジメする側の多くがそうであるように、相手の事を慮るなんてしない。

    店員や駅員に横暴な態度をとったりするような人も同様。

    自分中心の世界で生きているんじゃないかな。

    世の中、作者さんのような真っ当な感性の人も沢山いるとは思うけれど、残念ながら大なり小なりクズみたいな人も本当に沢山いる。身近にも沢山いる。

    せめて自分は、今ちゃんと人として真っ当にやれているのか自問自答しながら生きていきたい。

  2. ぷりずむ

    そうか支援級の生徒も先生も差別するガキがいるのか。

  3. プロゲートボーラー

    やはり子は親(保護者)次第だね。

  4. ググられたカス

    感動するところが分かりません。

    結局、作者も先生が嫌いだったのでは?

    口臭いって偏見ですよね。

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET