笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

共感度100%の「検索あるある」に、ネットでは更なるポンコツムーブを披露する声も…

「あるあるネタ」と一口に言っても、その種類は色々。皆さんがこれまでに一番笑ったあるあるネタは、どんなのですか??

さてところで、講談社イブニングにて『狩猟のユメカ』を連載中の漫画家・こぶろうさんは先ごろ――人類ならきっと誰でも共感せざるを得ない「悲しいあるある」を披露し、大きな注目を集めました。

こぶろう(古部 亮)

これを見ているあなたにも、きっと身に覚えがあるはずですよ…!

1 (1)

認めたくはないけど、これね…

めっっっちゃあるwwwwww

「なにかを調べようとしていた」ってことだけは確かに憶えているのに、その「なにか」がなんだったのかっていう部分は、なぜかスポーンとどっか行きますよね(笑)。あれなんなんでしょうね、バグ???

ともあれ、この「悲しいあるある」を描いたこぶろうさんの漫画は、多くの人に共感してもらえたようで、現在までに10万件近くのいいねを集めています。

そんな作品に寄せられた、みんなの「ド忘れ」エピソードがコチラ↓

みんな、この「あるある」に苦しめられているんだなぁ(笑)。なんか自分一人だけじゃないって思うと、ちょっとだけ安心しますね😅✨

なお、ちなみにですが、作者・こぶろうさんの新刊本『狩猟のユメカ』第1巻は、今月20日に発売予定!関心のある方は、ぜひぜひチェックしてみてくださいね!

作品提供:こぶろう(古部 亮)(@koburou)

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET