笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

【実写映画化】書けなくなった高校生小説家と天才美少女作家の出会いが美しい

今回は「少年マガジンR」にて連載されていた、小説家・相沢沙呼さんが原作、そして漫画家・手名町紗帆さんが作画担当の作品『小説の神様』より、第1話をご紹介します。
相沢沙呼

手名町紗帆

中学生で小説家としての華々しいデビューを飾った過去を持つ、主人公の千谷一也。しかし高校生となった現在、大きな挫折を味わい小説家の夢を諦めようとしていました。

そんな彼がある出会いに導かれ、折ろうとしたペンを再び持つことを迫られます。心の葛藤を乗り越え、彼は小説家としての道を再び歩むのでしょうか?

小説の神様1-1
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社
小説の神様1-2
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社
小説の神様1-3
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社
小説の神様1-4
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社



小説の神様2-1
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社
小説の神様2-2
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社
小説の神様2-3
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社
小説の神様2-4
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社

小説の神様3-1
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社
小説の神様3-2
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社
小説の神様3-3
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社
小説の神様3-4
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社



小説の神様4-1
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社
小説の神様4-2
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社
小説の神様4-3
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社
小説の神様4-4
©相沢沙呼・手名町紗帆/講談社


物語には何の力もないんだ!

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET