笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

アンパンマンは現実でも子どもを守るヒーローだった件

子どもが小さい頃は、0.1秒たりとも子どもから目を離せませんが、生活をしているとそういうわけにもいかないのが現実です。自分の視界に子どもが入っているにもかかわらず、レスキューが間に合わないことがあることもあり、親子で涙することも。
一色美穂

現在、子育て真っただ中の漫画家・一色美穂さんも、同様の悲劇に見舞われそうになりましたが、『おきあがりこぼし』のおかげで事なきを得たそうです。
あんぱんまん
twitter.com@isshikimiho

すげぇな…三次元でも大活躍するんだ…

恐らく、多くの子育て経験者が似たような状況に遭遇したことがあるのではないでしょうか?もし頭にアンパンマンがお家にいれば、偶然が重なった時、子どもを危険から回避してくれることもあるんですね(笑)。

怪我もなく一安心でしたが、何が起こったかもよくわかっていない娘さんと、例のヒーローに心底感謝している作者のトゥンクした表情の対比がじわるのは、筆者だけでしょうか…?

またコメント欄には、ヒーローの大活躍に多くの称賛が集まりました。

さて現在、イギリスの言語治療士であるサリー・ウォードさんの著書『Baby Talk』が漫画化さた、コミック版 「語りかけ」育児: 0~4歳 わが子の発達に合わせた 1日30分間』が発売中です。

作者の一色美穂さんが作画を担当したこの作品は、イギリス政府が推奨する「語りかけ育児のコツ」を、漫画で分かりやすく解説しています。

またTwitterには、作者の育児漫画が多数投稿中!子育て奮闘中のママが共感すること間違いなしなので、こちらも併せてチェックしてみてくださいね!

Twitter:一色美穂(@isshikimiho)
ブログ:漫画家と名乗れるか
書籍:コミック版 「語りかけ」育児~0~4歳 わが子の発達に合わせた 1日30分間~ 「語りかけ」育児
   まんがでわかる自律神経の整え方
   漫画家と税金~確定申告やってみた~基本編

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET