Untitled-20

【恐怖すら感じる】この世で一番美しい光景、思わず酔いしれてしまう北極圏のオーロラ

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

パル・ジャクソンはオーロラ写真家。 涙も凍るほどの寒さの中、幾夜も北極圏のナルヴィク(ノルウェー)で 世界で最も美しいライトショーが行われるのを待っていました。 時満ちて。 それが満天の星空に現れたのでした。 Untitled-1dailymail.co.uk Untitled-2dailymail.co.uk 「北方の光(彼はオーロラをそう呼ぶ)の美しさは言葉では言い尽くせない。 体験するしかないんだ。」 Untitled-3dailymail.co.uk ナルヴィクは人口1万9000人ほどの小さな町。 オーロラに憧れる人たちが一度は訪ねてみたいドリーム・ランドです。 Untitled-4 dailymail.co.uk Untitled-5dailymail.co.uk オーロラを初めて見た人はその美しさのあまり、涙を流し、 また深い恐れを感じると言われています。 「もう死んでもいい」と言葉を発する人もいるそうです。 Untitled-6dailymail.co.uk 北の海の漁師たちは、昔から「北方の光」は魚たちの群れが空に映し出されたものだと信じていました。 Untitled-7dailymail.co.uk また子どもたちは親から「オーロラに向かって絶対にハンカチを降ってはいけないよ」と言われて育ちました。 光に見入られてしまうと信じられていたのです。 Untitled-8dailymail.co.uk Untitled-9dailymail.co.uk Untitled-10dailymail.co.uk Untitled-11dailymail.co.uk オーロラはここ3年、美しさを増してきているそうです。 太陽の光と地球の関係に何らかの変化が起きているのでしょうか。 凍る夜にひそやかにたたずむ小屋。 温もりが、オーロラを待ち望む人たちを優しく包んでくれます。 Untitled-12dailymail.co.uk Untitled-13dailymail.co.uk 浜辺にかかる緑の光。水に映る輝きに神々しさすら感じます。 Untitled-14dailymail.co.uk Untitled-15dailymail.co.uk Untitled-16dailymail.co.uk Untitled-17dailymail.co.uk ノルウェーとスウェーデンの国境にある湖。 不思議の世界の入り口のよう。 Untitled-18dailymail.co.uk フォトグラファーたちはこの瞬間を撮るために生きてきたと言っても過言ではないでしょう。 Untitled-19dailymail.co.uk 町の明かりとそれを覆う緑の光のカーテン。 Untitled-20dailymail.co.uk Untitled-21dailymail.co.uk 道を歩くのに、懐中電灯はいりません。 Untitled-22dailymail.co.uk Untitled-23dailymail.co.uk すばらしいものを人は「神」と呼びます。 オーロラは太陽光と地球の出会いが生んだ奇跡です。 まさに神の手のわざとしか言いようがありません。 一生に一度、かけがえのない光に会いに出かけてみませんか? 参照:Daily Mail