笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

モノを無くした時の「どっか行った」はマジでどっか行ってる説

今回ご紹介する、漫画家・馬酔髙さんの作品『どっかいった』のように、よく使っているモノや道具があるべき場所から姿を消してしまうことって、意外とよくありますよね。(以前の記事はこちら
馬酔髙

その場合、あなたは「失くした」と言いますか?それとも、この女性のように「どっかいった」といいますか?

どっか行った01
twitter.com@asebitaka
どっか行った02
twitter.com@asebitaka
どっか行った03
twitter.com@asebitaka
どっか行った04
twitter.com@asebitaka


この消しゴムの場合は「どっか行った」が大変正しい(笑)!

何でしょうかこの既視感は…。確かに、消しゴムのような身近な道具が無くなった時って、つい「どっか行った」と口をついて出てしまいますよね😅実際は、足が生えて勝手に家出したわけでもないのですが…。

この女性の場合は、デジタル全盛期の今でも手描き原稿にこだわるアナログ女子。確かに手描き原稿の魅力は捨てがたいですが、ここまで道具を失くしてしまうようなら、デジタル転向も視野に入れた方がいいかもしれませんね。

今回は、意思を持った消しゴムが無事戻って来たようですが、次回からは彼らにとって居心地の良い空間を用意して逃がさないようにするか、デジタルに転向するかの選択を迫られそうです(笑)。

作者の馬酔髙さんのTwitterには、他のオリジナル創作作品イラストが投稿されています。ニコニコ漫画に掲載中の『ツクモガミーズ!』と併せて、チェックしてみてくださいね!

Twitter:馬酔(@asebitaka)
pixiv:馬酔髙
ニコニコ漫画:ツクモガミーズ!

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET