笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

悪の組織で行われる「新しい怪人のプレゼン」が意外と厳しかった件

今回は、漫画家・水崎弘明さんが「COMIC メテオ」にて連載中の『怪人開発部の黒井津さん』より第1話をご紹介します!
水崎弘明

たいていの場合、正義の味方サイドは少数精鋭の強力な布陣が敷かれているため、メンバーの入れ替わりはほとんどありませんが、悪の組織においては、毎回正義の味方に立ち向かっていくため、多くの“捨て駒系怪人”が必要です。

さて、そんな怪人がいかにして誕生するのか皆さんはご存じでしょうか?それでは、怪人誕生までの厳しいプロセスをどうぞご覧ください!


社畜研究員1-1
twitter.com@s_hanabi
社畜研究員1-2
twitter.com@s_hanabi
社畜研究員1-3
twitter.com@s_hanabi

社畜研究員1-4
twitter.com@s_hanabi

社畜研究員2-1
twitter.com@s_hanabi
社畜研究員2-2
twitter.com@s_hanabi

社畜研究員2-3
twitter.com@s_hanabi
社畜研究員2-4
twitter.com@s_hanabi

社畜研究員3-1
twitter.com@s_hanabi
社畜研究員3-2
twitter.com@s_hanabi
社畜研究員3-3
twitter.com@s_hanabi
社畜研究員3-4
twitter.com@s_hanabi

社畜研究員4-1
twitter.com@s_hanabi
社畜研究員4-2
twitter.com@s_hanabi
社畜研究員4-3
twitter.com@s_hanabi

ネスコの方が採用されてるwww

そもそも怪人って、「悪の組織のトップの力」を使えば簡単にポンポン誕生するものだとばかり思っていましたが、企画会議を通らないと怪人って開発されないんですね…😅

しかも、会議には百戦錬磨の上層部が終結しているし、これは企画を通すだけでも一苦労しそう。ただ、悪の組織とはいえ上司も業務内容もメンバーが働き過ぎなければ、意外とホワイトな様子。

今回はなぜか“ネスコ”で乗り切ったようですが、次回は付け焼刃の怪人ではなく、練りに練った怪人で企画が通ることをお祈りしております😂

さて冒頭でもお伝えしましたが、今回ご紹介した作品は現在「COMICメテオ」にて好評連載中!また、1月12日に発売されたばかりのコミックス第1巻もおすすめですよ!

Twitterアカウントには、作品の最新情報をはじめ、かわいいイラストも多数投稿されているので、ぜひフォローしてくださいね!
Twitter:水崎弘明(@s_hanabi)
pixiv:水中花火
連載作品:怪人開発部の黒井津さん第1巻発売中

コメント1

  1. クロネコムサシ

    ネスコ、どっかのゆるキャラに立候補しませう!!

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET