笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

子供が「蕁麻疹が出るほど辛いはずのピアノを続けてた」意外な心理とは?

インスタのみりんぼしさんは小学6年生と4年生の姉妹との日常を漫画にして日々投稿しています。
みりんぼし(みえ)

ピアノの指導が原因で、親子関係が悪くなりがちだったというみりんぼしさん親子。「辞めたかったら辞めてもいいよ」と伝えても頑なに辞めようとしない理由は、意外なところにありました…。

それではどうぞ↓

139021073_225428359189194_7060376161298495054_n

139464339_1399908933689561_9138583237426629534_n

139576339_599366007594269_3888482481337461846_n

139695529_3044145769022253_6296449160515906802_n

138817000_785405705664760_7595452892856546432_n

139701521_2967261586888666_2635636737481775868_n

人生を楽しく豊かにするために始めた習い事が、いつの間にか重荷になっていた長女ちゃん。好きじゃないのに辞めたくなかった理由は、先生のことが好きだったからだったんですね。毎日2時間の練習時間は他の楽しいこと、必要なことに使えるようになった…そう考えると、早いうちにこの事実が判明して良かったかもしれません。先生とはピアノ以外でもコンタクトが取れますしね😇

好きじゃないこと、楽しくないことはズルズル引きずらずキッパリと辞めさせることで、別の可能性を広げることができる…そんなことを気付かせてくれる素敵な投稿でした✨

作品提供:みりんぼし(みえ)

コメント1

  1. 名無し主婦

    音楽のプロを目指していた訳でもないに、毎日2時間の練習必須で月謝一万五千円のピアノ教室を選び通わせていたのは何故なんだろう?せっかく頑張ってやってきたピアノ、いつか彼女が弾きたくなった時、自分やまわりの安らぎのために弾けるひがくるといいな。

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET